JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966028.pdf2.74 MB
title大出カレーザーによるスペースデブリ除去の可能性
Other TitlePossibility of space debris removal by high-power laser
Author(jpn)遠藤, 雅守
Author(eng)Endo, Masamori
Author Affiliation(jpn)東海大学理学部
Author Affiliation(eng)School of Science, Tokai University
Issue Date2011-02-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-10-011
Start page331
End page342
Publication date2011-02-28
Languagejpn
Abstract現在,高度400km以下のLEOにおけるスペースデブリの数は最新の統計で30万と言われているが,このうち直径1cmから数十cmのものはシールドでは防ぎ切れず,数が多いため今のところ有効な対処法は無いと言われている. || 地上に設置したレーザーでデブリを除去する方法は,アイデアとしては古くからあったが利用可能なレーザーが無かったため机上検討に終わっていた.レーザーはデブリを蒸発させるわけではなく,照射により軌道と直角方向にわずかな速度成分を与えるだけでよい.それでも必要なレーザーの出力を見積もるとおよそ1MWのオーダーになる.最近米軍により開発された化学酸素ヨウ素レーザー(Chemical Oxygen-Iodine Laser=COIL)はこの要求をクリアしている.我々はCOILに変わる新しいヨウ素レーザーであるAll Gas-phase Iodine Laser=AGILの発振に初めて成功し注目を集めた.講演では,レーザーによるスペースデブリ除去の原理,要求されるレーザーや光学系の条件,現在及び近い将来の技術水準について概観する.
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
Original contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966028
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/14933


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.