JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64542021.pdf2.3 MB
title宇宙用太陽電池アレイ上での持続放電抑制法に関する研究
Other TitleResearch on the suppression method of sustained arc discharges on the solar cell array for space application
Author(jpn)和田, 智博; 増井, 博一; 豊田, 和弘; 趙, 孟佑
Author(eng)Wada, Tomohiro; Masui, Hirokazu; Toyoda, Kazuhiro; Cho, Mengu
Author Affiliation(jpn)九州工業大学宇宙環境技術研究センター; 九州工業大学宇宙環境技術研究センター; 九州工業大学宇宙環境技術研究センター; 九州工業大学宇宙環境技術研究センター
Author Affiliation(eng)Laboratory of Spacecraft Environment Interaction Engineering, Kyushu Institute of Technology; Laboratory of Spacecraft Environment Interaction Engineering, Kyushu Institute of Technology; Laboratory of Spacecraft Environment Interaction Engineering, Kyushu Institute of Technology; Laboratory of Spacecraft Environment Interaction Engineering, Kyushu Institute of Technology
Issue Date2010-02-26
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第6回「宇宙環境シンポジウム」講演論文集
JAXA special publication: Proceedings of the 6th Spacecraft Enivironment Symposium
VolumeJAXA-SP-09-006
Start page215
End page221
Publication date2010-02-26
Languagejpn
Abstract人工衛星は通信容量の増大、複数ミッションの搭載等によるミッションペイロード重量の増加、大電力化、長寿命化の方向に向かっている。この大電力化に伴って、太陽電池アレイ上での放電事故が確認されるようになった。太陽電池アレイで発生した放電は場合により太陽電池アレイの発電能力の低下や運用停止などの深刻な問題を引き起こした。本研究において、私たちはコーティング、電気振動及びシリコン系接着剤として用いられているRTVの形状を変化させることによる放電の抑制法を実験により調べた。それぞれの条件で発生する二次放電の発生確率を求めることで放電が抑制されていることを確認した。
DescriptionOriginal contains color illustrations
Meeting Information: 6th Spacecraft Enivironment Symposium (February 29-30, 2009. Kitakyushu International Conference Center)
形態: カラー図版あり
会議情報: 第6回宇宙環境シンポジウム (2009年2月29日-30日. 北九州国際会議場)
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064542021
Report NoJAXA-SP-09-006
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/14937


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.