JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966023.pdf888.32 kB
titleデブリ除去における非協力対象への接近と宇宙機システムについて
Other TitleApproach to non-cooperative objects and required spacecraft system for debris removal
Author(jpn)安田, 国治
Author(eng)Yasuda, Kuniharu
Author Affiliation(jpn)三菱電機
Author Affiliation(eng)Mitsubishi Electric
Issue Date2011-02-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-10-011
Start page272
End page280
Publication date2011-02-28
Languagejpn
Abstract故障した衛星やロケット上段のようなデブリへ接近し、これらを軌道上から除去するための宇宙機システムについて検討を進めている。これらテブリの除去においては軌道上にて至近距離まで安全に接近できることが前程となる。また、費用的にも安全面からも有人宇宙活動ではなく無人の宇宙機を用いるのが得策である。我が国は国際宇宙ステーションへの無人機による物資輸送を成功させており、その技術を発展させデブリ除去にも適用できる。ただし、デブリは軌道上での接近・捕獲を意図したマーカやリフレクタを待たず、予期せぬ回転運動を伴っている場合が有り得る。本講演では、このような対象への接近における特徴を明らかにし、課題を明確にする。そして課題解決に向けての接近シナリオや航法システムの検討例を示す。更に軌道上での運用の側面にも着目し、宇宙機システムとして具備すべき事項について述べる
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
Original contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966023
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/16149


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.