JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
65159010.pdf477.04 kB
title高度300kmに投入された超小型衛星群の軌道履歴をもとにした大気構造の解析
Other TitleAnalysis of atmospheric structure based on the trajectory data of nanosatellite cluster in 300 km high orbit
Author(jpn)吉武, 晴信; 木村, 敏則; 後澤, 康徳; 西尾, 正則
Author(eng)Yoshitake, Harunobu; Kimura, Toshinori; Gozawa, Yasunori; Nishio, Masanori
Author Affiliation(jpn)鹿児島大学大学院理工学研究科; 鹿児島大学大学院理工学研究科; 鹿児島大学大学院理工学研究科; 鹿児島大学大学院理工学研究科
Author Affiliation(eng)Graduate School of Science and Engineering, Kagoshima University; Graduate School of Science and Engineering, Kagoshima University; Graduate School of Science and Engineering, Kagoshima University; Graduate School of Science and Engineering, Kagoshima University
Issue Date2012-02-20
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第8回宇宙環境シンポジウム講演論文集
JAXA special publication: Proceedings of the 8th Spacecraft Environment Symposium
VolumeJAXA-SP-11-012
Start page57
End page62
Publication date2012-02-20
Languagejpn
Abstract2010年5月21日に打ち上げた超小型人工衛星「KSAT」,「WASEDA-SAT2」,「Negai ☆″」の軌道履歴をもとに高度300kmから180km近辺までの大気密度の推定を行った。宇宙環境パラメータを用いて大気密度を導出できる既存の大気モデルJ71と我々が推定した大気密度の比較を行った。高度300km近辺では推定した大気密度に大きなばらつきが見られ,その原因が宇宙環境によるものか解析手法によるものかを判別することができなかった。しかし,既存の大気モデルでも大気密度が宇宙環境により大きく変動しており,超低軌道衛星の軌道予測においては日々の宇宙環境を考慮した大気密度を組み込む必要があると思われる。
DescriptionPhysical characteristics: Original contains color illustrations
Meeting Information: 8th Spacecraft Enivironment Symposium (October 18-19, 2011, Tokyo Big Sight), Tokyo Japan
形態: カラー図版あり
会議情報: 第8回宇宙環境シンポジウム (2011年10月18-19日. 東京国際展示場), 東京
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0065159010
Report NoJAXA-SP-11-012
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/16265


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.