JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64543004.pdf4.96 MB
title長寿命化キセノンランプの開発状況
Other Title長寿命化Xeランプの開発状況
Development status of making long service life of xenon lamp
Author(jpn)堀口, 友四郎
Author(eng)Horiguchi, Yushiro
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構環境試験技術センター
Author Affiliation(eng)Environmental Test Technology Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2010-02-26
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 環境試験技術報告: 第7回試験技術ワークショップ開催報告
JAXA special publication: Proceedings of the Seventh Workshop on Environmental Testing
VolumeJAXA-SP-09-007
Start page62
End page80
Publication date2010-02-26
Languagejpn
Abstract13mphiスペースチェンバ、8mphiスペースチェンバのソーラシミュレータで使用されている世界最大級の30kWキセノンランプは、放電管であり、メーカ保証寿命(点灯時間)400時間、時際の運用時間は500時間程度。運用時間が延長可能になれば、試験費用の低減が可能。現在行っているキセノンランプの長寿命化(実運用時間800時間以上を目標)の検討、試作の状況を報告。
DescriptionOriginal contains color illustrations
Meeting Information: 7th Workshop on Environmental Testing (November 13, 2009. Tsukuba Space Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
形態: カラー図版あり
会議情報: 第7回試験技術ワークショップ (2009年11月13日. 宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター)
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064543004
Report NoJAXA-SP-09-007
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/16414


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.