JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
62301010.pdf722.48 kB
title太陽近傍プラズマ環境下での科学衛星帯電に関する粒子シミュレーション
Author(jpn)三宅, 洋平; 臼井, 英之; ISSI 衛星プラズマ相互作用研究チーム
Author(eng)Miyake, Yohei; Usui, Hideyuki; International Space Science Institute Team (ISSI Team)
Author Affiliation(jpn)神戸大学大学院システム情報学研究科; 神戸大学大学院システム情報学研究科; -
Author Affiliation(eng)Graduate School of System Informatics, Kobe University; Graduate School of System Informatics, Kobe University; -
Issue Date2014-03-31
Publisher宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第10回宇宙環境シンポジウム講演論文集
JAXA special publication: Proceedings of the 10th Spacecraft Environment Symposium
VolumeJAXA-SP-13-016
Start page65
End page69
Publication date2014-03-31
Languagejpn
Abstract将来の科学衛星探査ミッションに向け、人類未踏の極限宇宙プラズマ環境における衛星プラズマ相互作用を定量的に理解する必要がある。本発表では、そうした課題の一例として太陽探査衛星・プラズマ間相互作用に関する数値シミュレーション研究の取り組みを紹介する。太陽外部コロナ中など極太陽近傍環境では、高密度(7000 /cc)太陽風に起因する短デバイ長プラズマや、衛星表面からの大量の光電子・二次電子放出により、地球磁気圏近傍とは大きく異なるプラズマ環境が衛星周辺に形成される。これにより、光電子放出時にも関わらず衛星電位が負となるなど、特徴的な衛星帯電現象が見られる。本課題ではParticle-in-cell 法に基づく大規模数値シミュレーションにより、現在NASAで計画されているSolar Probe Plus を想定した定量解析を行う。衛星表面上に電位バリアが形成される条件下での衛星帯電の様相や、衛星周辺の電磁的じょう乱やそれがプローブ等の観測機器の動作に与える影響について最近の解析の進捗を報告する。
Description会議情報: 第10回宇宙環境シンポジウム (2013年12月2日-3日. 科学技術館), 東京
形態: カラー図版あり
Meeting Information: 10th Spacecraft Environment Symposium (December 2-3, 2013, Science Museum), Tokyo Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategorySpacecraft Design, Testing and Performance
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0062301010
Report NoJAXA-SP-13-016
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/16540


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.