JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64230000.pdf5.85 MB
titleクレーンを用いた航空機騒音伝搬特性計測飛行実験
Other TitleFlight tests using cranes measure the effect of propagation on aircraft noise
Author(jpn)石井, 寛一; 五味, 広美; 奥野, 善則
Author(eng)Ishii, Hirokazu; Gomi, Hiromi; Okuno, Yoshinori
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構総合技術研究本部飛行システム技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構総合技術研究本部飛行システム技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構総合技術研究本部飛行システム技術開発センター
Author Affiliation(eng)Flight Systems Technology Center, Institute of Aerospace Technology(IAT), Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Flight Systems Technology Center, Institute of Aerospace Technology(IAT), Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Flight Systems Technology Center, Institute of Aerospace Technology(IAT), Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2008-02-29
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication titleJAXA research and development memorandum
宇宙航空研究開発機構研究開発資料
VolumeJAXA-RM-07-012
Publication date2008-02-29
Languagejpn
eng
AbstractSince noise issue is a key impediment to the widespread use of aircraft, noise abatement flight is one of the solution as well as reduction at source. In order to establish noise abatement flight procedures, it is necessary to develop a precise noise model to predict source noise and the propagation effects. Although noise levels need to be measured at both the source and the observer to obtain propagation effects, it is unable to measure noise levels emitted from source flying in the air by ordinary method. In the experiment shown here, microphones were fixed at the boom top of cranes to measure noise at nearer positions to the source. The propagation effects were estimated from the difference between noise levels at the crane microphone and the ground microphones. The result shows the relation between sound attenuation and wind condition with smaller ground effects.
航空機による騒音被害の対策の一つとして低騒音飛行方式の開発が進められており、地上騒音予測モデル、すなわち、音源モデルと騒音伝搬モデルの精度向上が必要とされている。騒音伝搬のデータを得るためには、音源と受音点において騒音を計測する必要があるが、航空機の場合には音源が上空にあるため、通常の方法では音源騒音を計測することができない。本実験ではクレーン先端にマイクを取り付けることにより、音源の近くにおける騒音を高精度に計測した。上空の音源から地上へ斜めに伝搬する場合には、地上に配置したマイクの計測値との差から2点間の伝搬減衰を推定し、音源を見上げる仰角が10度以下では順風と逆風で約5dBの差が認められた。また2台のクレーンを用いて高度45mの水平伝搬特性を計測し、地表面の影響を低減して風向による減衰の変化を得ることができた。本資料は、騒音伝搬モデルの開発・検証に資するデータを提供することを目的として、実験方法および結果をまとめたものである。
Description形態: カラー図版あり
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発資料
ISSN1349-1121
NCIDAA11983593
SHI-NOAA0064230000
Report NoJAXA-RM-07-012
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/17084


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.