JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64226000.pdf10.87 MB
title実験用ヘリコプタによる低騒音最適飛行の研究
Other TitleResearch on trajectory optimization for helicopter noise abatement flight
Author(jpn)石井, 寛一; 伊海田, 皓史; 土屋, 武司; 五味, 広美; 奥野, 善則
Author(eng)Ishii, Hirokazu; Ikaida, Hiroshi; Tsuchiya, Takeshi; Gomi, Hiromi; Okuno, Yoshinori
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構総合技術研究本部飛行システム技術開発センター; 東京大学; 東京大学; 宇宙航空研究開発機構総合技術研究本部飛行システム技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構総合技術研究本部飛行システム技術開発センター
Author Affiliation(eng)Flight Systems Technology Center, Institute of Aerospace Technology(IAT), Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); University of Tokyo; University of Tokyo; Flight Systems Technology Center, Institute of Aerospace Technology(IAT), Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Flight Systems Technology Center, Institute of Aerospace Technology(IAT), Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2008-02-29
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication titleJAXA research and development report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
VolumeJAXA-RR-07-021
Publication date2008-02-29
Languagejpn
eng
AbstractIn order to reduce the noise impact by helicopters on surrounding communities, an onboard system for noise abatement flight was developed. It optimizes a flight trajectory to minimize predicted noise and generates navigation display to enable pilots to fly along the optimal trajectory. A series of flight tests was conducted by using MuPAL-epsilon research helicopter. The constraint conditions were formulated to obtain optimum solutions which were realistic and can be flown actually. And wind data estimated by onboard data acquisition system were reflected in real-time. As a result, the feasibility of the concept such as reducing noise annoyance by flying optimized trajectory was demonstrated in actual flight.
ヘリコプタの利用拡大を妨げる要因の一つとして地上の騒音被害があげられる。本研究では、ヘリコプタの飛行経路(主に着陸時の進入経路)を最適化することにより、地上の騒音被害を低減するシステムを開発した。機上に搭載した計算機により、リアルタイムで地上の騒音被害を予測し、これを最小にするような飛行経路、飛行諸元(速度や姿勢角等)を計算してパイロットに表示する。経路誘導表示システムとして、JAXAが開発した「トンネル型経路誘導表示」をもとに、最適経路の飛行に必要な情報を追加したものを使用した。最適経路の計算結果では、一般に用いられている降下角6度および3度の直線進入に比べてそれぞれ約3dB、4.5dBの騒音低減効果が認められた。実験用ヘリコプタを用いた飛行実験を実施し、これらのシステムが実飛行環境下で有効に機能することを確認した。ただし、最適経路では速度の制御が行われるが、今回使用した経路誘導表示システムでは速度の追従精度が不十分な場合があること、また、これに起因して、地上騒音の低減効果が減少する場合があることが明らかとなった。これらの結果を反映し、今後は表示システムや地上騒音予測モデルの改良を目指す。
Description形態: カラー図版あり
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
NCIDAA1192675X
SHI-NOAA0064226000
Report NoJAXA-RR-07-021
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/17522


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.