JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966011.pdf1.92 MB
titleHTV軌道高度のTLE精度評価
Other TitleEvaluation of TLE accuracy at the altitude of HTV orbit
Author(jpn)工藤, 伸夫; 松田, 郁未; 倉田, 育枝; 足立, 学
Author(eng)Kudo, Nobuo; Matsuda, Ikumi; Kurata, Ikue; Adachi, Manabu
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 富士通; 富士通
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Fujitsu; Fujitsu
Issue Date2011-02-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-10-011
Start page126
End page133
Publication date2011-02-28
Languagejpn
Abstract昨今のスペースデブリ(デブリ)増加に伴い、衛星運用においてデブリとの衝突の可能性を無視できない状況になってきている。 || このような状況をふまえ、JAXA統合追跡ネットワーク技術部(JAXA追跡)では、運用中の人工衛星におけるデブリの衝突を回避する運用の検討を進めてきた。2011年1月に打上予定である宇宙ステーンヨン補給機2号機(HTV2)の運用においても、打上からISSにキャプチャされるまでのランデブフェーズと、ISS離脱後から大気圏に再突入するまでのフェーズにおいて、デブリとの接近解析を実施する予定であり、デブリの軌道情報として、米国Space Trackが公開している軌道要素(TLE)を使用する。 || 本講演では、HTV2軌道高度を通過するデブリ、すなわちHTV2に接近する可能性のあるデブリのTLEについて、軌道・大きさ別に軌道伝播音誤差を調べることで、統計的な傾向を把握した解析結果について述べる。
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
Original contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966011
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/17731


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.