JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
65159004.pdf375.84 kB
titleあけぼの衛星の観測データを用いた電子放射線帯の変動解析
Other TitleVariability analysis of electron radiation belt based on the observation data from the Akebono satellite
Author(jpn)谷岡, 俊彦; 林, 幹子; 中村, 雅夫; 浅井, 佳子; 高田, 拓; 松岡, 彩子; 長井, 嗣信
Author(eng)Tanioka, Toshihiko; Hayashi, Mikiko; Nakamura, Masao; Asai, Keiko; Takada, Taku; Matsuoka, Ayako; Nagai, Tsugunobu
Author Affiliation(jpn)大阪府立大学; 大阪府立大学; 大阪府立大学; 東京工業大学; 高知高等専門学校; 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 (JAXA)(ISAS); 東京工業大学
Author Affiliation(eng)Osaka Prefecture University; Osaka Prefecture University; Osaka Prefecture University; Tokyo Institute of Technology; Kochi National College of Technology; Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(ISAS); Tokyo Institute of Technology
Issue Date2012-02-20
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第8回宇宙環境シンポジウム講演論文集
JAXA special publication: Proceedings of the 8th Spacecraft Environment Symposium
VolumeJAXA-SP-11-012
Start page15
End page20
Publication date2012-02-20
Languagejpn
Abstract地球の内部磁気圏に存在する放射線帯の高エネルギー荷電粒子は、人工衛星の搭載機器の劣化や故障を引き起こすことが知られている。特に放射線帯電子は、衛星の深部帯電や太陽電池の劣化などを引き起こす。そのため、運用中の人工衛星が放射線に被曝する量を見積もるために放射線帯モデルが必要となる。現在、NASAが開発・公開した電子放射線帯モデルの、AE-8モデルが広く使われている。このモデルは太陽活動の極大期と極小期の2つからなるが、モデル適応期間の切り替えの閾値が明確でないことや、最近の観測値とのずれが問題となっている。本研究では、あけぼの衛星が観測した放射線帯の高エネルギー荷電粒子のデータを使って新しい電子放射線帯モデルを作成した。
DescriptionPhysical characteristics: Original contains color illustrations
Meeting Information: 8th Spacecraft Enivironment Symposium (October 18-19, 2011, Tokyo Big Sight), Tokyo Japan
形態: カラー図版あり
会議情報: 第8回宇宙環境シンポジウム (2011年10月18-19日. 東京国際展示場), 東京
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0065159004
Report NoJAXA-SP-11-012
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/17737


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.