JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966027.pdf1.73 MB
title低密度材料を用いた受動的なスペースデブリの除去方法
Other TitleMethod for passive removal of space debris using low density material
Author(jpn)有吉, 雄哉; 嘉嶋, 秀一; 平山, 寛; 花田, 俊也; 北澤, 幸人; 川辺, 有恒; 松本, 晴久
Author(eng)Ariyoshi, Yuya; Kashima, Shuichi; Hirayama, Hiroshi; Hanada, Toshiya; Kitazawa, Yukihito; Kawabe, Aritsune; Matsumoto, Haruhisa
Author Affiliation(jpn)九州大学; 九州大学; 九州大学; 九州大学; IHI : 宇宙航空研究開発機構; IHI; 宇宙航空研究開発機構
Author Affiliation(eng)Kyushu University; Kyushu University; Kyushu University; Kyushu University; IHI : Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); IHI; Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2011-02-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-10-011
Start page317
End page330
Publication date2011-02-28
Languagejpn
Abstract大型のスペースブリに対してはランデブーと捕獲を組み合わせた能動的な除去方法がさまざまに提案されている.しかし10cm以下のデブリに対しては,軌道が同定されていないものが大半のため,能動的にランデブーを行い,対象を捕獲するといったこれまでの提案方法を適用することは難しいと考えられる.そこで10cm以下のデブリを対象として,低密度材料を軌道上に配置し,受動的にデブリを捕獲または減速させ大気圏へ再突入させるデブリの除去方法を提案する.また,この方法を適用先として,(1)ある軌道にすでに存在する微小デブリを除去する,(2)破砕イベント直後にその近くに配備して破片を除去する,(3)主衛星と同じ軌道に投入し,主衛星に衝突するデブリを減らす,という3つのミッションシナリオを考えている.本発表では,このデブリ除去方法の実現方法とともに,これまでに行ったミッション解析結果について紹介する.
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
Original contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966027
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/17974


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.