JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64376000.pdf8.79 MB
title地上エンジン運転試験設備の改修整備
Other TitleImprovement of ground-level enclosed jet engine test facility in JAXA
Author(jpn)仲田, 靖; 水野, 拓哉; 田頭, 剛; 高, 將治; 二村, 尚夫; 柳, 良二
Author(eng)Nakata, Yasushi; Mizuno, Takuya; Tagashira, Takeshi; Koh, Masaharu; Futamura, Hisao; Yanagi, Ryoji
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構研究開発本部ジェットエンジン技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部ジェットエンジン技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部ジェットエンジン技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部ジェットエンジン技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部ジェットエンジン技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部ジェットエンジン技術研究センター
Author Affiliation(eng)Jet Engine Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Jet Engine Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Jet Engine Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Jet Engine Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Jet Engine Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Jet Engine Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2009-03-31
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication titleJAXA research and development memorandum
宇宙航空研究開発機構研究開発資料
VolumeJAXA-RM-08-017
Publication date2009-03-31
Languagejpn
eng
AbstractThe major improvement of JAXA's ground-level enclosed jet engine test facility was made in 2006 & 2007 Japan Fiscal Year. This test facility was constructed in 1976 with the capability of 100 kN thrust level turbofan engine testing for the research and development project of Japan's first high-bypass-ratio turbofan engine "FJR710". This test facility was improved to make it possible to conduct various tests which were necessary to verify the technology developed in the R&D on clean engine technology project carried forward by JAXA, and to support the development and qualification tests for the commercial engines domestically developed in the near future. The major improvement includes the improvement of the test cell air flow quality, the renewal of the thrust mount system, and the upgrade of the measurement system and data acquisition, processing & monitoring system. This memorandum describes the summary of the improvement and the updated test facility specification.
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が保有する地上エンジン運転試験設備は、昭和51年(1976年)に、我が国初の航空機用ターボファンエンジン"FJR710"の開発を目的に、最大推力100kNまでのエンジン運転が可能な試験設備として建設された。平成18年(2006年)に、経済産業省/新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から、環境適合型次世代超音速推進システムの研究プロジェクト(ESPRプロジェクト)で使用された技術実証エンジン(ESPRエンジン)をJAXAが譲り受けたのに伴い、このエンジンのJAXA内研究への有効活用と、今後のジェットエンジン技術の研究開発や商用国産エンジン開発における産業界への貢献を見据え、本設備の大規模な改修整備を平成18年度から19年度にかけて実施した。改修は、エンジン室内の空気流れ改善、推力架台の更新、計測機能増強、および監視機能強化に重点を置いて行なわれ、平成20年(2008年)1月にESPRエンジンを搭載した領収運転試験で各種性能、機能を確認し完了した。この改修により、ESPRエンジンを使った運転試験が可能となり、JAXA内研究であるクリーンエンジン技術プロジェクトにおけるインテリジェント制御技術の研究を推進する態勢が整った。また、将来のジェットエンジン技術開発プログラムにおけるシステム実証試験や商用国産エンジンの開発試験支援に備え、エンジン運転試験設備として基本的な性能、機能を有し、かつ拡張性のある設備を整備することができた。本資料では、今回の改修内容および改修後の設備仕様について説明する。
Description形態: カラー図版あり
KeywordsAero engine, Jet engine, Ground-level enclosed test facility, Air flow quality, Data acquisition system
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発資料
ISSN1349-1121
NCIDAA11983593
SHI-NOAA0064376000
Report NoJAXA-RM-08-017
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/18147


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.