JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64673000.pdf8.73 MB
title航空・基盤技術と社会に関する懇談会報告(その2)(平成20年度): 我が国とJAXA航空・基盤領域が抱える課題と考察
Other TitleReport of Advisory Group for the Social Relationship on the Aeronautics and Basic Technology in JAXA: Concern on problems of the Aeronautics and its fundamentals for the Nation and JAXA
Author(jpn)坂田, 公夫; 水野, 洋; 石澤, 和彦; 柴田, 真; 平岡, 康一; 本阿彌, 眞治; 堀之内, 茂; 薄, 一平; 岩宮, 敏幸; 柳, 良二; 重見, 仁; 大貫, 武; 柳原, 正明; 是永, 美樹
Author(eng)Sakata, Kimio; Mizuno, Hiroshi; Ishizawa, Kazuhiko; Shibata, Makoto; Hiraoka, Kouichi; Honami, Shinji; Horinouchi, Shigeru; Susuki, Ippei; Iwamiya, Toshiyuki; Yanagi, Ryuji; Shigemi, Masashi; Ohnuki, Takeshi; Yanagihara, Masaaki; Korenaga, Miki
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループ超音速機チーム; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部ジェットエンジン技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループ国産旅客機チーム; 宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループ国産旅客機チーム; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部ジェットエンジン技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループ超音速機チーム; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部; 宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループ; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部; 宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループ; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部
Author Affiliation(eng)Supersonic Transport Team, Aviation Program Group, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Jet Engine Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Civil Transport Team, Aviation Program Group, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Civil Transport Team, Aviation Program Group, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Jet Engine Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Supersonic Transport Team, Aviation Program Group, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Aviation Program Group, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Aviation Program Group, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2010-02-26
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication titleJAXA special publication
宇宙航空研究開発機構特別資料
VolumeJAXA-SP-09-015
Publication date2010-02-26
Languagejpn
eng
AbstractThis is the Second report of Advisory Group for the Social Relationship on the Aeronautics and Basic Technology in JAXA of the Aerospace Research and Development, now and Aviation Program Group (APG) of JAXA. In 2007, the committee published the first report on the subject of concern for the appropriate management of the research works to be performed in JAXA APG and IAT(ARD, presently) in such a drastically changing circumstance around JAXA in the technology and the industry and industrial sectors in the IAT and APG. The objectives of the committee are for giving the insight and basic idea for continuous improvement of the way and strategy for operation of IAT and APG done by the executive director of those through the presentation of the emerging topics and discussion among the committee members. The topics, being dealt with in the committee, include the varying trends of the technology, industry, and market, and movement of the economics, social things and the worldwide trend of the technologies and productions, together with the human developments. This report describes the results of the research and investigation results done in 2007 and 2008 including the regional transports, SST, domestic development of the aero-engines, structural technologies, testing and evaluation infrastructures and so force. This report should be useful to the readers in JAXA and the aerospace industries for better planning, activities and management.
平成18年度から活動している(独)宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループならびに総合技術研究本部(現研究開発本部)の「航空・基盤技術と社会に関する懇談会」(以下「航空基盤懇談会」と言う。)では、平成19年度に第一号の報告書[1]を発行した。本報告はその第2号である。懇談会は平成19年度以降も引き続き、技術動向ならびに技術ニーズ動向、産業の現状と将来に向けた課題、世界の市場動向などを調査検討することを通して、JAXA 航空プログラムと基礎基盤技術領域の研究開発の、より適切な進め方について考察し、さらには我が国航空技術関係者に向けて、実効性の高い効果的な施策や計画、方策等についての提案を発信することを目指してきた。平成19年度から20年度にかけては、国産旅客機MRJのプログラムローンチや150から200席次世代機の検討、オープンロータエンジンの研究再開などの動きが活発に起こった。また、我が国の宇宙開発・活動を統合的に政策化し推進するための「宇宙基本法」の制定(平成20年5月)と宇宙開発戦略本部の発足は、JAXA の組織再編への展開が予定され、航空技術研究開発への影響も避けられない。さらに、平成20年半ばから始まった世界同時不況や、世界主要各国による航空機産業振興策の推進なども、我が国を厳しい環境に置くものとなっている。これらの、状況の調査分析、研究開発プロジェクトや、大型試験評価設備を含む技術基盤強化などの検討を引き続き進めてきた。特に、複合材技術の優位性確保、エンジン技術の動向とプロジェクト推進の必要性、防衛省などとの連携による技術基盤強化策の検討、今後の大型試験設備整備など、国の国際競争力強化のための方策の検討や市場調査、SST 等の研究を進めた。本稿はその一部を取りまとめたものである。
DescriptionOriginal contains color illustrations
形態: カラー図版あり
著者人数: 14人
Document TypeTechnical Report
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11609371
SHI-NOAA0064673000
Report NoJAXA-SP-09-015
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/18458


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.