JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64475001.pdf1.73 MB
title非定常PSPによるフラッタ時の翼上面圧力変動の可視化
Other TitleUnsteady pressure-sensitive paint visualization of transonic flutter on thin wing
Author(jpn)中北, 和之; 有薗, 仁; 伊藤, 正剛
Author(eng)Nakakita, Kazuyuki; Arizono, Hitoshi; Ito, Masatake
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2009-12-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第81回風洞研究会議論文集
JAXA special publication: Proceedings of the Wind Technology Association 81st meeting
VolumeJAXA-SP-09-005
Start page1
End page7
Publication date2009-12-28
Languagejpn
Abstractフラッタ発生過程での流体現象の解明とフラッタ予測ツールの検証のため、非定常PSP計測を用いた翼面圧力分布と衝撃波位置の可視化を行った。PSPとしては高速応答型PSPの1つである陽極酸化PSPを用い、高出力青色半導体レーザを用いてPSPを励起し、PSP計測には高速カメラを用いた。高速カメラは2kfps (frame per sec)または5kfpsで時系列計測を行った。模型は本研究のために独自に設計したアルミ製中実模型である薄翼フラッタ模型であり、前縁の後退角30°、スパン250mm、断面形状はNACA65A004である。今回紹介する非定常PSP計測結果は定性的可視化結果であり、圧力値のデータではないが、フラッタ発生時の非定常な圧力分布の変化と衝撃波の挙動が明瞭に把握できる結果が得られた。
DescriptionOriginal contains color illustrations
Wind Tunnel Technology Association Meeting
形態: カラー図版あり
会議情報: 第81回風洞研究会議(2008年11月20日-11月21日)
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064475001
Report NoJAXA-SP-09-005
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/18605


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.