JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966026.pdf1.56 MB
titleデブリ除去に向けた導電性テザーシステムの研究
Other TitleResearch on electrodynamic tether system for debris removal
Author(jpn)大川, 恭志; 河本, 聡美; 北村, 正治; 東出, 真澄; 上村, 平八郎; 木部, 勢至朗; 松本, 康司; 塩見, 裕
Author(eng)Okawa, Yasushi; Kawamoto, Satomi; Kitamura, Shoji; Higashide, Masumi; Kamimura, Heihachiro; Kibe, Seishiro; Matsumoto, Koji; Shiomi, Hiroshi
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部衛星構造・機構グループ; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部衛星構造・機構グループ
Author Affiliation(eng)Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Spacecraft Structures and Mechanisms Group, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Spacecraft Structures and Mechanisms Group, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2011-02-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-10-011
Start page304
End page316
Publication date2011-02-28
Languagejpn
Abstract有効なデブリ除去システム実現のためには、低コストで簡素な軌道変換用推進系が必要となる。候補となる推進系は、除去対象デブリの大きさや軌道等の条件により様々だが、本研究では小型衛星サイズ以上の低軌道高度デブリの軌道変換に有効と考えられる導電性テザー(EDY)を研究対象とする。EDTは、導電性のワイヤ(テザー)を軌道上で展開して電流を流すことで、電流と地球磁場との相互作用により生じるローレンツ力を推進力として利用する。その最大の長所は推進剤を必要としない点であり、自己誘導準起電力により電流を駆動できるため、軌道降下DeltaⅤの発生に要する消費電力も小さい。さらに、通常の推進系と異なり推力方向制御が不要なため、非協力物体の軌道変換に適する。JAXA研究開発本部では、このEDT技術を獲得するため、軌道上実証実験に向けてテザーや分離機構、リール、電子源なとの主要機器の研究開発を進めてきた。本発表ではその現状を報告する。
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
Original contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966026
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/18674


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.