JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966002.pdf2.32 MB
title世界のデブリ対策の進展状況
Other TitleStatus of the World Space Debris Mitigation Activities
Author(jpn)加藤, 明
Author(eng)Kato, Akira
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構安全・信頼性推進部
Author Affiliation(eng)Safety and Mission Assurance Department, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2011-02-28
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication titleJAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
VolumeJAXA-SP-10-011
Publication date2011-02-28
Languagejpn
eng
AbstractThe world has been made to mitigate debris generation by the "IADC Space Debris Mitigation" and "UNCOPUOS Space Debris Mitigation Guidelines". But recent standards registered in NASA and European Code of Conduct for Space Debris Mitigation more strict requirements. These has been reflected in "ISO-24113 Space Debris Mitigation" established in 2010. JAXA is scheduled to revise its "JMR-003 Space Debris Mitigation Standard" in order to coordinate with world.
」AXAは平成8年にデブリ発生防止標準を制定して以来、同様な管理が世界的に徹底されるよう働きかけてきており、その成果がIADCガイトラインを通じて国連ガイドラインにも反映されている。しかし、今では欧米がこれらを越える厳しい規制を制定し、それが国際標準化機構(lSO)のデブリ関連規格にも反映されつつある。」AXAではこれら欧米の規制強化に呼応して「スペースデブリ発生防止標準(JMR-003)」を改訂して世界と同等なレベルで管理することを内外に表明しようとしている。この効果は、海外共同事業の円滑な推進や我が国の宇宙ビジネスの健全性をアピールすることに貢献すると期待している。しかし、同時に国際調整の場では過剰な規制化の流れに対しては現実的な対応をとるよう主張して規制化の速度を調整している。一方、国連では新たに「宇宙舌動の長期的持続性を保証するための活動」が開始されている。我が国もこのような状況に配慮して、国レベルで安全・快適な社会の貢献、科学の発展への貢献に寄与する宇宙活動の振興と、それらを保証する軌道環境の保全をバランスよく指向する必要がある。
DescriptionOriginal contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
KeywordsDebris; Mitigation; ISO standard; Break-up probability
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966002
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/18808


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.