JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966019.pdf2.86 MB
title衛星構体パネルのデブリ衝突損傷評価
Other TitleEvaluation of debris impact damage to satellite equipment panel
Author(jpn)東出, 真澄; 小野瀬, 直美; 長谷川, 直
Author(eng)Higashide, Masumi; Onose, Naomi; Hasegawa, Sunao
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所
Author Affiliation(eng)Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Institute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(ISAS)
Issue Date2011-02-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-10-011
Start page225
End page235
Publication date2011-02-28
Languagejpn
Abstractスペースデブリ衝突が無人宇宙機へ与える影響を評価するため,衛星構体パネルに超高速衝突試験を実施した.模擬筐体として厚さ5mmのA2024板をチャンバ内に設置し,その表面に模擬構体パネルとしてアルミハニカムサンドイッチパネルを図のように配置した.直径015-1mmのSUS304球を6km/secで衝突させた飛翔体直径が0.3mm以上の時,飛翔体はハニカムサンドイッチパネル裏面を貫通したⅩ線でハニカムコアを観察すると,飛翔体の衝突でハニカムセルは変形したが,裏面の損傷は飛翔体衝突を受けたセルのみに集中することがわかった.A2024板上に生じたクレータを計測した結果,デブリ直径から最大クレータ深さを導出する実験式を得ることができた.この式から,衛星の筐体厚さはA2024板に生じる最大クレータ深さ以上の厚みが必要であると言える.更に,ハニカムサンドイッチパネルとA2024板の距離を10mm離して設置すれば,最大クレータ深さを約150%低減できることがわかった.
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
Original contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966019
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/19140


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.