JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64240002.pdf562.01 kB
title宇宙機軌道上実測温度と打上前予測温度の比較による温度マージンの検討
Other TitleStudy on temperature margin by the comparison of observed temperature on spacecraft orbits and predicted one before launch
Author(jpn)安藤, 麻紀子
Author(eng)Ando, Makiko
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構宇宙輸送ミッション本部試験センター
Author Affiliation(eng)Environmental and Structural Test Laboratory, Space Transportation Mission Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2009-02-27
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 環境試験技術報告: 第6回試験技術ワークショップ開催報告
JAXA special publication: Proceedings of the Sixth Workshop on Environmental Testing
VolumeJAXA-SP-08-011
Start page21
End page32
Publication date2009-02-27
Languagejpn
AbstractJAXAが開発する宇宙機では、熱的パラメータの不確定性を補償するマージン(熱的不確定性マージン)値を10℃としている。本発表では、現在使用している10℃マージンの妥当性を、運用中の2機の衛星データを用いて評価した結果について報告する。軌道一周回中の実測最低・最高温度と予測最低・最高温度の差を整理し、その統計的なバラツキを評価した結果について紹介する。本検討の最終目標は、熱的不確定性マージンの最適化である。
Description形態: カラー図版あり
会議: 第6回試験技術ワークショップ(平成20年11月21日. 宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター)
Document TypeTechnical Report
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064240002
Report NoJAXA-SP-08-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/19188


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.