JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64382009.pdf1.07 MB
titleComparison of discharge frequency of solar cell coupon panel at low and room temperatures
Other Title低温および室温における太陽電池クーポンパネルの放電頻度の比較
Author(jpn)上田, 敦史; 二ノ宮, 隼一郎; 増井, 博一; 岩田, 稔; 豊田, 和弘; 趙, 孟佑; 仁田, 工美
Author(eng)Ueda, Atsushi; Ninomiya, Shunichiro; Masui, Hirokazu; Iwata, Minoru; Toyoda, Kazuhiro; Cho, Mengu; Nitta, Kumi
Author Affiliation(jpn)九州工業大学; 九州工業大学; 九州工業大学; 九州工業大学; 九州工業大学; 九州工業大学; 宇宙航空研究開発機構
Author Affiliation(eng)Kyushu Institute of Technology (KIT); Kyushu Institute of Technology (KIT); Kyushu Institute of Technology (KIT); Kyushu Institute of Technology (KIT); Kyushu Institute of Technology (KIT); Kyushu Institute of Technology (KIT); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2009-03-31
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第5回「宇宙環境シンポジウム」講演論文集
JAXA special publication: Proceeding of the 5th Spacecraft Environment Symposium
VolumeJAXA-SP-08-018
Start page89
End page93
Publication date2009-03-31
Languageeng
Abstract近年、静止軌道衛星に搭載される太陽電池パドルは大電力化・高電圧化が進んでいるが、これに伴い、軌道上における放電発生の危険性が高まり、放電による短絡事故などの不具合が相次いでいる。これらの事故を未然に防ぐため、打ち上げ前に十分に太陽電池パドルの帯電放電試験を実施する必要があるが、これらの試験は現在、室温下で行われており、実宇宙環境の日照日陰による温度環境を模擬している例は数少ない。特に低温環境では、太陽電池パネルからの脱離ガスの減少、カバーガラスの抵抗率増加などにより放電頻度や放電閾値が変化することが考えられ、帯電放電現象に大きな影響が出る可能性がある。本論では、低温および室温で太陽電池クーポンパネルの帯電放電試験を実施し、放電頻度を比較した。試験の結果、放電頻度は低温の方が室温よりも高い傾向が認められたが、放電頻度は太陽電池クーポンパネルの水分吸着量にも異存するため、純粋に温度変化による放電頻度の変化を調べるためには水分吸着量の影響を除去する必要があることがわかった。
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第5回宇宙環境シンポジウム(2008年12月18日-12月19日. つくば国際会議場)
Document TypeTechnical Report
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064382009
Report NoJAXA-SP-08-018
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/19735


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.