JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966020.pdf1.89 MB
titleデブリ除去の必要性とストラテジ
Other TitleNecessity and strategy for debris removal
Author(jpn)河本, 聡美; 大川, 恭志; 照井, 冬人; 西田, 信一郎; 北村, 正治; 木部, 勢至朗; 花田, 俊也; 白坂, 成功
Author(eng)Kawamoto, Satomi; Okawa, Yasushi; Terui, Fuyuto; Nishida, Shinichiro; Kitamura, Shoji; Kibe, Seishiro; Hanada, Toshiya; Shirasaka, Seiko
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 宇宙航空研究開発機構研究開発本部未踏技術研究センター; 九州大学; 慶應義塾大学
Author Affiliation(eng)Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Innovative Technology Research Center, Aerospace Research and Development Directorate, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Kyushu University; Keio University
Issue Date2011-02-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-10-011
Start page237
End page248
Publication date2011-02-28
Languagejpn
Abstract低軌道などの混雑軌道では、今後打上を行わなくてもすでに軌道上にあるデブリ同士の衝突によりデブリの数が増加していくと予測されている。そのため、宇宙環境を維持するためには今後デブリを発生させないような防止策だけでは不十分であり、今軌道上にあるデブリの除去が必要となっている。昨年来、米国、ロシア、欧州、中国でデブリ除去会議が開催される等、世界的にもデブリ除去に関する活動が活発になってきているが、デブリ除去に必要となる軌道接近制御や宇宙ロボット作業などにおいて、日本は世界をリードする技術を有しており、デブリ除去に向け世界に先駆けて実証していくことにより、日本が宇宙環境分野におけるリ一ダーシップを発揮すること、および将来デブリ除去が産業化された際に優位に立つことができると考えられている。本講演では、除去すべきデブリ対象についての方針、必要となる技術や実証ミッションのステップ等について述べる。
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
Original contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966020
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/19952


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.