JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
65159008.pdf3.79 MB
title衛星帯電環境下におけるダブルプローブ電場観測に関するプラズマ粒子シミュレーション
Other TitlePlasma particle simulation concerning double probe electric field measurement under the environment of spacecraft charging
Author(jpn)三宅, 洋平; 臼井, 英之; 小嶋, 浩嗣
Author(eng)Miyake, Yohei; Usui, Hideyuki; Kojima, Hirotsugu
Author Affiliation(jpn)神戸大学; 神戸大学; 京都大学
Author Affiliation(eng)Kobe University; Kobe University; Kyoto University
Issue Date2012-02-20
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第8回宇宙環境シンポジウム講演論文集
JAXA special publication: Proceedings of the 8th Spacecraft Environment Symposium
VolumeJAXA-SP-11-012
Start page35
End page40
Publication date2012-02-20
Languagejpn
Abstract科学衛星による宇宙探査ミッションにおいては、ダブルプローブ法を用いた電場観測がしばしば行われる。ダブルプローブ法はプラズマ空間中の離れた2点の電位差を測ることを基本にしており、広範なプラズマパラメータ領域もしくは周波数帯に適用可能であることが主な特長である。その半面、電位構造を著しく変化させる衛星周辺プラズマ擾乱の影響を受けやすく、較正誤差やスプリアス電界の観測例が報告されている。ダブルプローブ法による電場観測の信頼性を高めるために、プラズマ粒子シミュレーションを用いて、衛星帯電環境下におけるスプリアス電界発生やプローブ電気特性変化のメカニズム解明に取り組んでいる。本報告では特に、衛星表面からの光電子放出の影響に着目し、スプリアス電界の発生を数値的に再現することに成功した。また光電子電流影響下におけるプローブ電流電圧特性の解析を行った。
DescriptionPhysical characteristics: Original contains color illustrations
Meeting Information: 8th Spacecraft Enivironment Symposium (October 18-19, 2011, Tokyo Big Sight), Tokyo Japan
形態: カラー図版あり
会議情報: 第8回宇宙環境シンポジウム (2011年10月18-19日. 東京国際展示場), 東京
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0065159008
Report NoJAXA-SP-11-012
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/20241


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.