JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966009.pdf1.45 MB
title低軌道デブリ観測用搭載光学センサの検討
Other TitleConsideration on onboard optical sensor for Low-Earth Orbit debris observation
Author(jpn)松本, 晴久; 柳沢, 俊史; 北澤, 幸人; 黒崎, 裕久
Author(eng)Matsumoto, Haruhisa; Yanagisawa, Toshifumi; Kitazawa, Yukihito; Kurosaki, Hirohisa
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2011-02-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-10-011
Start page108
End page116
Publication date2011-02-28
Languagejpn
Abstract2009年2月のイリジウム・コスモス衛星の衝突事故から、衛星同士の衝突が現実に起こる程、低高度のデブリ環境はクリティカルな状態に入った。各国とも独自の接近解析に基づく、デブリ(衛星も含む)に対する衛星衝突回避マヌーバー(衛星制御運用)の運用を実施している。さらに、米国においては、衝突の可能性がある場合、各国の衛星運用者に連絡する運用(Joint Space Operation Center(JSpOC)情報、2009年9月から)を開始した。 || 現在、地上観測でカタログ化(軌道の明らかなもの)されているテプリの大きさは約10cm以上である。米国を中心に今後大きさ1cm程度までの計測・カタロク化を目指す必要があるという共通認識のもと、観測システムの検出能力向上を目指しているが、課題が多く実現には至っていない。一方、日本では、諸外国に比べ観測システムの規模及び設備数において大きく遅れを取っている。日本では口径数m程度の光学望鏡のような大型観測設備の保有は困難なため、これまで「重ね合わせ法と」いうソフト的技法と用いて、光度で2等級程度検出能力を向上させる技術の研究を行ってきている。この技術により小型望遠鏡でもその仕様以上の検出能力を保有することが可能となった。 || 本発表では、衛星搭載小型光学望遠鏡を開発し「重ね合わせ法」の研究成果も活用し、現在、地上観測で実現していない大きさ1cm程度までのテプリカタロク化実現についの検討結果を示す。
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
Original contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966009
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/20262


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.