JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
61959000.pdf8.39 MB
タイトルD-SENDプロジェクト用ブーム計測システムの開発と運用(その1)
その他のタイトルDevelopment and Operation of Boom Measurement System for D-SEND Project (Phase 1)
著者(日)川上, 浩樹; 進藤, 重美; 中, 右介
著者(英)Kawakami, Hiroki; Shindo, Shigemi; Naka, Yusuke
著者所属(日)宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループD-SENDプロジェクトチーム(JAXA); 宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループ超音速機チーム(JAXA); 宇宙航空研究開発機構航空プログラムグループD-SENDプロジェクトチーム(JAXA)
著者所属(英)D-DEND Project Team, Aviation Program Group, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Supersonic Transport Team, Aviation Program Group, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); D-DEND Project Team, Aviation Program Group, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
発行日2013-03-29
発行機関など宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
刊行物名宇宙航空研究開発機構研究開発資料
JAXA Research and Development Memorandum
JAXA-RM-12-005
開始ページ1
終了ページ39
刊行年月日2013-03-29
言語jpn
eng
抄録低ソニックブーム設計技術の実証データ取得と空中ソニックブーム計測技術の確認を目的とする低ソニックブーム設計概念実証(D-SEND)プロジェクトにおける落下試験時の供試体から発生するソニックブームを計測するブーム計測システム(Boom Measurement System: BMS)を開発した.これによりD-SEND#1 落下試験では,ソニックブームを空中及び地上で計測できた.ここでは,ブーム計測システムの開発結果とD-SEND#1 落下試験における運用について報告する.
JAXA developed the boom measurement system (BMS) as a part of JAXA’s low sonic-boom concept demonstration project (D-SEND project). The objectives of BMS are to obtain the sonic boom data to validate JAXA’s low sonic boom design concept, and to check JAXA’s airborne boom measurement technology. In D-SEND#1 drop test, the sonic boom has been measured in the air and the ground by BMS. This report describes the development result of BMS and the result of the operation of BMS in D-SEND#1 drop test.
内容記述形態: カラー図版あり
Physical characteristics: Original contains color illustrations
キーワードsonic boom measurement; airborne measurement; D-SEND project; BMS
資料種別Technical Report
JAXAカテゴリ研究開発資料
ISSN1349-1121
NCIDAA11983593
SHI-NOAA0061959000
レポートNOJAXA-RM-12-005
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/20679


このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。