JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64966010.pdf7.81 MB
title静止衛星観測用光学望遠鏡の現状と改修プラン
Other TitlePresent status and renovation plan of optical telescope for geostationary satellite observation
Author(jpn)布施, 哲治; 黒田, 大介; 久保岡, 俊宏
Author(eng)Fuse, Tetsuharu; Kuroda, D.; Kubooka, Toshihiro
Author Affiliation(jpn)情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター; 国立天文台岡山天体物理観測所; 情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター
Author Affiliation(eng)Kashima Space Technology Center, National Institute of Information and Communications Technology (NICT); Okayoma Astrophysical Observatory, Natiocal Astronomical Observatory; Kashima Space Technology Center, National Institute of Information and Communications Technology (NICT)
Issue Date2011-02-28
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 第4回スペースデブリワークショップ講演資料集
JAXA special publication: Proceedings of the 4th Space Debris Workshop
VolumeJAXA-SP-10-011
Start page117
End page125
Publication date2011-02-28
Languagejpn
Abstract鹿島宇宙技術センターでは、本館の屋上に設置した口径35cm 光学望遠鏡2台を用いた静止衛星の位置観測を行っており、得られた画像データはウェッブ上に公開している(※URLは下記参照)。また可動基線電波干渉計よる静止衛星の位置測定も実施しているが、測定精度が5/1000度と低いため、精度が1/1000度である光学望遠鏡の画像データを干渉計のキャリブレーションとしても利用している。一方、光学望遠鏡の精度は現状の1/10程度が目標であることから、この度システム全体を見直したところ、望遠鏡駆動系、撮像カメラ本体、データ解析プロセスにおいて改良すべき項目が認められた。本発表では、現在の望遠鏡システムおよび検討中の改修プランについてまとめる。 || 改良すべき項目が認められた。本発表では、現在の望遠鏡システムおよび検討中の改修プランについてまとめる。 || ※http//www2.nict.go.jp/w/w122/control/telesco/Optical_observation/newindex-date.html
Description形態: カラー図版あり
会議情報: 第4回スペースデブリワークショップ(2010年12月16-17日, 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター)
Original contains color illustrations
Meeting Information: 4th Space Debris Workshop(December 16-17, 2010, Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA))
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0064966010
Report NoJAXA-SP-10-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/21954


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.