JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
65158012.pdf1.43 MB
title音響振動応答予測手法の検討および試験実証
Other TitleStudy on prediction method for acoustic vibration and experimental demonstration
Author(jpn)宇宙航空研究開発機構環境試験技術センター (JAXA)
Author(eng)Environmental Test Technology Center, Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Issue Date2012-03-09
Publisher宇宙航空研究開発機構
Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
Publication title宇宙航空研究開発機構特別資料: 環境試験技術報告: 第9回試験技術ワークショップ開催報告
JAXA special publication: Proceedings of the Ninth Workshop on Environmental Testing
VolumeJAXA-SP-11-011
Start page124
End page124
Publication date2012-03-09
Languagejpn
Abstract宇宙機開発の設計解析において,音響負荷時の構造振動応答を求める問題は,宇宙開発初期から長年の難しい課題となっている.これは,音響加振によるランダム振動環境が数十Hzから数kHzと広帯域であり,有限要素解析(Finite Element Analysis, FEA)により作成した構造数学モデルに不確定性が生じる周波数帯を含むためである. || この課題の解決のため,環境試験技術センターではJANET(JAXA Acoustic analysis Network system)の開発を初めとする,衛星構体パネル上の搭載機器インタフェース部ランダム振動応答の環境設計条件を高精度に予測する手法を検討してきた.これらの手法および試験実証について紹介する.
DescriptionPhysical characteristics: Original contains color illustrations
Meeting Information: 9th Workshop on Environmental Testing (November 10, 2011. Tsukuba Space Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)), Tsukuba, Ibaragi Japan
形態: カラー図版あり
会議情報: 第9回試験技術ワークショップ (2011年11月10日. 宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター)
Document TypePresentation
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA0065158012
Report NoJAXA-SP-11-011
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/22138


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.