JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
63792000.pdf3.98 MB
title小型超音速実験機(NEXST-1)回収系-火工品の開発
Other TitlePyrotechnics developments of recovery system for NEXST-1
Author(jpn)本田 雅久; 水野 拓哉
Author(eng)Honda, Masahisa; Mizuno, Takuya
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 航空プログラムグループ 超音速機チーム; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 航空エンジン技術開発センター
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Supersonic Transport Team, Aviation Program Group; Japan Aerospace Exploration Agency Aeroengine Technology Center, Institute of Aerospace Technology
Issue Date2008-01-31
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2008-01-31
Languagejpn
AbstractNEXST-1 (National EXperimental Supersonic Transport-1) airplane was successfully launched and recovered on October 10th in Australia Woomera test range. Its recovery system utilizes many kinds of pyrotechnics in order to eject parachutes, cut reefing lines, disconnect the parachutes, change the airplane from vertical to horizontal position and open the gas bottle valves of airbags. The number of these pyrotechnics amounts to 33. This paper summarizes the performance of each pyrotechnics of the recovery system and discusses some development test data.
小型超音速実験機は、2005年10月10日に豪州ウーメラ実験場からロケットにより打ち上げられ、超音速で滑空実験後、回収予定地点まで滑空し、パラシュートにて水平降下、エアバッグにて軟着陸し、データレコーダを含む実験機が無事回収された。実験機には離着陸機能がないため、着陸フェーズではパラシュート・エアバッグによる水平姿勢軟着陸方式が採用されている。回収シーケンス中のコンテナの分離、パラシュートのリーフィング解除、パラシュートの分離やエアバッグ用ガスの発生の機構部には火工品が用いられている。使用された火工品は、6種類33個に及ぶ。これ程多くの火工品を搭載した回収システムは、過去にあまり例がない。本稿では、回収システムのシーケンス概要を述べると共にそれぞれのシーケンスで使われている火工品の基本性能、開発試験結果などをまとめる。
DescriptionJAXA Research and Development Memorandum
宇宙航空研究開発機構研究開発資料
Keywordsrecovery system; NEXST-1; supersonic aircraft; flight test vehicle; pyrotechnics; recovery parachute; soft landing; airbag; aircraft design; attitude stability; 回収系; NEXST-1; 超音速機; 飛行試験機; 火工品; 回収パラシュート; 軟着陸; エアバッグ; 航空機設計; 姿勢安定性
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発資料
ISSN1349-1121
SHI-NOAA0063792000
Report NoJAXA-RM-07-006
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/26488


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.