JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

There are no files associated with this item.

title極域ロケット観測DELTAキャンペーンに向けたNEI開発と初期解析結果
Other TitleDevelopment of NEI for the polar region rocket sounding DELTA campaign and the results of preliminary analysis
Author(jpn)若林 誠; 小野 高幸
Author(eng)Wakabayashi, Makoto; Ono, Takayuki
Author Affiliation(jpn)東北大学 大学院理学研究科; 東北大学 大学院理学研究科
Author Affiliation(eng)Tohoku University Graduate School of Science; Tohoku University Graduate School of Science
Issue Date2005-08
PublisherInstitute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA/ISAS)
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部
Publication titleスペース・プラズマ研究会 平成16年度
Space Plasma Conference FY2004
Start page8
End page11
Publication date2005-08
Languagejpn
Abstract2004年12月13日、ノルウェー・アンドーヤにおいて実施されたDELTA(Dynamics and Energetics of the Lower Thermosphere in Aurora)キャンペーンにおいて、観測ロケットS310-35号機搭載インピーダンス・プローブ(Number density of Electrons by Impedance probe:以下NEI)を用いた極域電離圏電子密度観測が行われた。この観測実験に先立ち、大型スペースチェンバーを用いたNEIの真空中動作試験が2004年9月13〜17日の期間で行われ、チェンバー内に生成されたプラズマ中の電子密度測定を行った。試験は結果的には成功裡に終える事ができ、ロケット実験でも所期の計測が実施されたが、今回の動作試験においては実際の観測状況での動作が確認できたばかりでなく、ブリッジ部の高圧放電対策が不足であった点、並びに使用するプラズマによって観測の状況に相違がある点が新たに指摘された。今後の電子密度観測におけるNEIの継続的な使用と、スペースチェンバーに標準的にNEIを設置し、様々な環境試験を援助するに向けた追加試験の必要性が確認された。
KeywordsEarth ionosphere; rocket sounding; sounding rocket; polar region; ionospheric electron density; space chamber; nitrogen plasma; argon plasma; performance test; 地球電離層; ロケット観測; 観測ロケット; 極域; 電離層電子密度; スペースチャンバ; 窒素プラズマ; アルゴンプラズマ; 性能試験
Document TypeConference Paper
JAXA Categoryシンポジウム・研究会
SHI-NOAA0063347003
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/27783


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.