JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64089000.pdf3.51 MB
title水素燃料航空機の国内外検討調査
Other TitleCurrent status of R & D on hydrogen fueled aircraft: A review
Author(jpn)西澤 啓; 橋本 安男; 岡井 敬一; 辻 智也; 植木 好治; 小林 宙; 武田 真一; 横関 智弘; 野村 浩司; 津江 光洋
Author(eng)Nishizawa, Akira; Hashimoto, Yasuo; Okai, Keiichi; Tsuji, Tomoya; Ueki, Koji; Kobayashi, Hiroshi; Takeda, Shinichi; Yokozeki, Tomohiro; Nomura, Hiroshi; Tsue, Mitsuhiro
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構; 日航財団; 宇宙航空研究開発機構; 日本大学; 日本航空 地球環境部; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 東京大学; 日本大学; 東京大学
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); JAL Foundation; Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Nihon University; Japan Airlines Corporation (JAL) Environmental Affairs Department; Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); University of Tokyo; Nihon University; University of Tokyo
Issue Date2008-09-30
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2008-09-30
Languagejpn
AbstractThis article reports current progress on research and development on hydrogen fueled aircrafts in the world. Environmental concern on aviation, such as scanty of fissile fuels, stable supply of oil, and effect of exhaust gas on climate, is of great importance nowadays. From this background, to obtain information on the current status and subjects unsolved for hydrogen fueled aircraft, the 'investigation committee on hydrogen fueled aircraft' was organized. One remarkable characteristic is attendance of airline group in this kind of activity. The investigation revealed the effect of introduction of this type of aircraft into market and potential of the energy, whereas subjects are also shown such as low fuel density, safety and operational issues. The report suggests the possibility of this type of aircraft as of one of the means of major transport.
本報告資料は、水素燃料航空機を開発するにあたっての課題や実現可能性を国内外の現状技術ならびに研究開発実績を反映してまとめるものである。化石燃料の枯渇問題や、石油燃料の安定供給に関わる問題、化石燃料を用いる輸送機関などの排出する排気の環境に及ぼす影響が近年関心を集めている。このような背景にあって、今後の水素燃料航空機の実現に向けた展望について調査を行う目的で、「水素燃料航空機検討調査会」が組織された。エアラインの立場に立った見解や、研究開発を行う立場との討論が行われている点が特徴的である。本調査の結果から、水素燃料を使うことによる環境に及ぼす影響やエネルギの利用有効性について明らかとなったが、一方で、水素燃料の低密度、安全性確保、効率的な生成ならびに供給に関する課題があることも浮き彫りとなった。地上輸送機関などで水素燃料の利用に関する研究が活発になされる中、航空機への利用可能性について現時点での状況をまとめたものである。
DescriptionJAXA Special Publication
宇宙航空研究開発機構特別資料
Keywordshydrogen; aircraft fuel; aircraft design; aircraft engine; civil aviation; airport security; flight safety; hydrogen-fueled aircraft; environment pollution; research and development; 水素; 航空機燃料; 航空機設計; 航空機エンジン; 民間航空; 空港安全性; 航空安全; 水素燃料航空機; 環境汚染; 研究開発
Document TypeTechnical Report
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
SHI-NOAA0064089000
Report NoJAXA-SP-08-005
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/27912


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.