JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
63917000.pdf3.06 MB
title大型航空機の後方乱気流が小型機に与える影響に関する研究
Other TitleEffects of large airplanes' wake turbulence on small aircraft
Author(jpn)奥野 善則; 又吉 直樹
Author(eng)Okuno, Yoshinori; Matayoshi, Naoki
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 飛行システム技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 飛行システム技術開発センター
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Flight Systems Technology Center, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Flight Systems Technology Center, Institute of Aerospace Technology
Issue Date2008-02-29
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2008-02-29
Languagejpn
AbstractFlight simulation test results are presented, comparing the effects on a small airplane Dornier Do228 and a helicopter Mitsubishi MH2000 encountering B747-400's wake turbulence. Results show that the response of the helicopter is much smaller than that of the airplane. The effects of some parameters such as visibility are examined. Information display system is also developed which shows the pilot the location and strength of the wake turbulence measured by a ground-based Doppler-lidar system.
小型航空機が大型機の後方乱気流に遭遇して事故に至る事例が数多く発生している。小型ビジネス・ジェット機の普及やA380型機などの超大型機の出現により、事故発生率は今後さらに増加することも懸念されている。一方で、航空交通の需要増に対応するため、離着陸間隔をさらに短縮することが求められている。本研究では、飛行シミュレータで利用可能な後方乱気流モデルを開発し、パイロット・イン・ザ・ループのシミュレーション実験によって後方乱気流の影響を定量的に評価する技術を確立した。現行の管制間隔基準は航空機の重量のみによって定められているが、ヘリコプタは固定翼機に比べて後方乱気流の影響を受けにくいこと、気象(視程)条件によって影響が大きく変わること、などを明らかにした。また、地上に設置したドップラー・ライダ装置で観測した後方乱気流の位置・強さのデータを航空機に送信し、パイロットに情報を表示するシステムを開発した。今後は、このようなシステムを実用化し、後方乱気流に対する安全性を向上するとともに、管制間隔を最適化し、効率的な運航を実現するシステムの開発を目指す。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordstakeoff; wake turbulence; aircraft wake; turbulent wake; aircraft accident; wing tip vortex; flight simulation; flight safety; airport; aircraft pilot; ground support system; air traffic control; 離陸; 後方乱気流; 航空機後流; 乱流後流; 航空機事故; 翼端渦; 飛行シミュレーション; 航空安全; 空港; 航空機パイロット; 地上支援システム; 航空交通管制
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0063917000
Report NoJAXA-RR-07-029
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/29887


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.