JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
47706000.pdf16.69 MB
title小型超音速無推力実験機(NEXST-1)の通信系統設計と地上確認
Other TitleDesign and ground confirmation of the radio communication systems for the NEXST-1 non-powered supersonic experimental airplane system
Author(jpn)村上 義隆; 滝沢 実; 内田 忠夫; 中野 英一郎; 大貫 武; 堀之内 茂; 坂田 公夫
Author(eng)Murakami, Yoshitaka; Takizawa, Minoru; Uchida, Tadao; Nakano, Eiichiro; Onuki, Takeshi; Horinouchi, Shigeru; Sakata, Kimio
Author Affiliation(jpn)航空宇宙技術研究所 次世代超音速機プロジェクトセンター; 航空宇宙技術研究所 次世代超音速機プロジェクトセンター; 航空宇宙技術研究所; 航空宇宙技術研究所 次世代超音速機プロジェクトセンター; 航空宇宙技術研究所 次世代超音速機プロジェクトセンター; 航空宇宙技術研究所 次世代超音速機プロジェクトセンター; 航空宇宙技術研究所 次世代超音速機プロジェクトセンター
Author Affiliation(eng)National Aerospace Laboratory Next Generation Supersonic Transport Project Center; National Aerospace Laboratory Next Generation Supersonic Transport Project Center; National Aerospace Laboratory; National Aerospace Laboratory Next Generation Supersonic Transport Project Center; National Aerospace Laboratory Next Generation Supersonic Transport Project Center; National Aerospace Laboratory Next Generation Supersonic Transport Project Center; National Aerospace Laboratory Next Generation Supersonic Transport Project Center
Issue Date2004-10-25
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2004-10-25
Languagejpn
AbstractResearch and development work on the next generation supersonic aircraft technology at the NAL (National Aerospace Laboratory of Japan) commenced in 1997. Detailed designs for the scaled non-powered supersonic experimental airplane NEXST-1 (NAL's Experimental Airplane of SST-1) and NAL 735 rocket booster were completed in March 2000, and manufacture of the airplane and the booster rocket completed in the process of ground testing by November 30, 2001. The first flight trial was carried out on July 14, 2002 at and around Range-E at the WPA (Woomera Prohibited Area) in South Australia. This flight trial however was not successful because the airplane was separated from the rocket booster right after the main booster ignited. As a consequence, a review of the experimental system is underway for the purpose of re-designing and repairing the system, including the radio communication systems. This paper describes the results in detail the original system design and first trial operation. The radio communication systems consist of the transponder, telemeter, and command system. The paper also describes the antenna pattern test, and analysis of RF links taking into account the exhaust plumes effect, and explains the system operation results for preparatory tests and the flight trial phase.
航空宇宙技術研究所(NAL)の次世代超音速機技術研究開発プロジクトは1997年に開始し、ロケット打ち上げ式の小型超音速無推力実験機NEXST-1(以下、ロケット実験機)の詳細設計は2000年3月に完了した。その後実験機およびNAL735ロケットブースターの製作ならびに地上試験を経て、2001年11月30日に完成した。飛行実験は2002年3月から約1年間、南豪州ウーメラ実験場内で4回実施する計画であったが、2002年7月14日第1回飛行実験はロケットブースター点火直後の実験機異常分離によって失敗に終わった。この結果、実験システムは通信系を含めて見直す事になったが、本報告はオリジナルの設計および試験ならびに第1回飛行実験を通じた運用実績についてとりまとめたものである。ロケット実験機の通信系統は1)飛行追跡用のレーダ・トランスポンダ系、2)データ伝送用のテレメータ系、3)非常飛行停止用のコマンド系の以上3つの通信系システムで構成されている。設計は、ウーメラの実験場環境を考慮しており、アンテナパターン試験および噴煙損失を考慮した電波リンク解析によって事前評価した。また現地における地上確認試験にも触れた。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordssupersonic aircraft; rocket booster; radio communication; flight test; aircraft design; transponder; telemetry; antenna pattern test; 超音速機; ロケットブースター; 無線通信; 飛行試験; 航空機設計; トランスポンダ; テレメトリ; アンテナパターン試験
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0047706000
Report NoJAXA-RR-04-001
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/30220


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.