JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

There are no files associated with this item.

titleDevelopment of micro gravity experimental system from high altitude balloon and experimental report of spacecraft #2
Other Title高高度気球を用いた無重力実験装置の開発と2号機実験の報告
Author(jpn)坂東 信尚; 門岡 昇平; 田島 賢一; 坂井 真一郎; 稲富 裕光; 石川 毅彦; 小林 弘明; 藤田 和央; 吉光 徹雄; 福家 英之
Author(eng)Bando, Nobutaka; Kadooka, Shohei; Tajima, Kenichi; Sakai, Shinichiro; Inatomi, Yuko; Ishikawa, Takehiko; Kobayashi, Hiroaki; Fujita, Kazuhisa; Yoshimitsu, Tetsuo; Fuke, Hideyuki
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構; 武蔵工業大学; 武蔵工業大学; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency; Musashi Institute of Technology; Musashi Institute of Technology; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency
Issue Date2008-03
PublisherInstitute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA/ISAS)
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部
Publication title第17回アストロダイナミクスシンポジウム講演後刷り集 2007
Proceedings of 17th Workshop on JAXA Astrodynamics and Flight Mechanics
Start page327
End page332
Publication date2008-03
Languageeng
AbstractA new micro gravity experimental system called BOV (Balloon-based Operation Vehicle) is developed in ISAS/JAXA. BOV uses a free-fall capsule with double-shell structure to prevent influence of aerodynamic disturbance. Additionally, BOV is raised to 40 km by a high altitude balloon to extend micro gravity duration to 30 (or possibly 60) seconds. Thus we realize a medium duration micro gravity system with good micro gravity environment. In this system, the most characteristic point is double-shell structure. The inner shell can fall freely since the outer shell measures the relative position with laser displacement sensors and is controlled by gas-jet thrusters not to collide the inner shell. The BOV's project has run since 2004. The first flight to check the whole system was accomplished in 2006. The aim of the first flight was test of a high altitude balloon, communication and data handling system, control system, onboard electronics and operation. The second flight was also accomplished in spring 2007. The aim of the second flight is to verify the effectiveness of the proposed method and demonstrate the long duration micro gravity. This paper presents the development of BOV's system and reports the result of the second flight for the new micro gravity experimental system.
現在、宇宙航空研究開発機構/宇宙科学研究本部では新しい無重力実験装置BOV(Ba11oon-based Operation Vehicle)の開発を行っている。BOVは無重力実験部として球体状のカプセルを持ち、カプセルが空力外乱の影響を受けないように2重構造の機体となっている。この機体は30秒(可能であれば60秒)の無重力実験時間を実現するために高高度気球を用いて上空40kmまで上げられる。このような実験システムを実現することで、長時間の無重力実験がより良い無重力実験環境で実現される。BOVのシステムにおいて最も注目するべき特徴はその2重構造である。外部シェルとなる機体は無重力実験カプセルとの相対距離を計測し、カプセルと衝突しないようにガスジェットスラスタによって制御される。これにより、実験カプセルは理想的な自由落下が可能になる。この新しい無重力実験装置の開発は2004年から始まり、2006年においては1号機の飛翔実験が行われた。この実験においては高高度気球、通信・情報処理システム、制御システムまたその他のセンサや全体の実験システムの確認が行われ、無事に実験システムが動作することが確認された。そして、2007年の春には2度目の飛翔実験が行われ、本実験システムの目的である長時間の無重力実験の実現が検証された。本稿ではこの無重力実験装置の開発と2号機実験の報告を行う。
Keywordsresearch facility; high altitude balloon; free fall; attitude control; gyroscope; weightlessness; balloon; balloon-borne instrument; parachute; Balloon-based Operation Vehicle; BOV; double-shell structure; 研究施設; 高高度気球; 自由落下; 姿勢制御; ジャイロスコープ; 無重力; 気球; 気球搭載装置; パラシュート; 無重力実験装置; BOV; 2重シェル構造
Document TypeConference Paper
JAXA Categoryシンポジウム・研究会
SHI-NOAA0063718054
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/30946


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.