JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知

There are no files associated with this item.

title金星突入カプセルと水蒸気気球による大気観測
Other TitlePlanetary atmosphere observation by a Venus entry capsule and a water vapor balloon
Author(jpn)山田 哲哉; 井筒 直樹; 藤田 和央; 廣瀬 和之; 石井 信明
Author(eng)Yamada, Tetsuya; Izutsu, Naoki; Fujita, Kazuhisa; Hirose, Kazuyuki; Ishii, Nobuaki
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部; 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部; 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space and Astronautical Science; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space and Astronautical Science; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space and Astronautical Science; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space and Astronautical Science
Issue Date2005-03
PublisherInstitute of Space and Astronautical Science, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA/ISAS)
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部
Publication title宇宙航行の力学シンポジウム 平成16年度
Symposium on Flight Mechanics and Astrodynamics 2004
Start page33
End page36
Publication date2005-03
Languagejpn
Abstract金星に水蒸気気球を浮遊させ大気観測を行なうミッションを想定し、惑星間遷移軌道から金星突入を行い、高度約35kmに水蒸気気球を浮游させ大気観測を行うミッションの検討を行なっている。満膨張時直径35cm、全長20mに及ぶ長大な気球の落下速度要求、伸張終了時点での過度の伸長力を与えぬなどの要求により、緩降下パラシュートおよび搭載機器側の空力係数間に一定の関係をもたせた気球の放出シナリオが特徴的な検討課題である。本稿は、ミッションとして想定している、突入カプセル形状、気球収納方式などのトレードオフの考え方をまず整理し、その後、関連の基礎研究の最近の進捗を報告する。
Keywordsplanetary atmosphere; space exploration; Venus; balloon sounding; water vapor balloon; space capsule; interplanetary transfer orbit; membrane structure; 惑星大気; 宇宙探査; 金星; 気球観測; 水蒸気気球; 宇宙カプセル; 惑星間遷移軌道; 膜構造物
Document TypeConference Paper
JAXA Categoryシンポジウム・研究会
SHI-NOAA0048089009
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/31161


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.