JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
64016000.pdf3.06 MB
titleコックピット・ワークロード推算プログラムの開発
Other TitleDevelopment of flightcrew workload estimation package
Author(jpn)津田 宏果; 村岡 浩治; 稲田 崇志; 宮田 貴広
Author(eng)Tsuda, Hiroka; Muraoka, Koji; Inada, Takashi; Miyata, Takahiro
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 航空プログラムグループ 運航・安全技術チーム; 宇宙航空研究開発機構 航空プログラムグループ 運航・安全技術チーム; 宇宙航空研究開発機構 航空プログラムグループ 運航・安全技術チーム; 宇宙航空研究開発機構 航空プログラムグループ 運航・安全技術チーム
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Operation and Safety Technology Team, Aviation Program Group; Japan Aerospace Exploration Agency Operation and Safety Technology Team, Aviation Program Group; Japan Aerospace Exploration Agency Operation and Safety Technology Team, Aviation Program Group; Japan Aerospace Exploration Agency Operation and Safety Technology Team, Aviation Program Group
Issue Date2008-02-29
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2008-02-29
Languagejpn
AbstractJAXA developed a software package; FWEP (Flightcrew Workload Estimation Package) which can be used in a cockpit design process and in a operational procedure design process. FWEP generates task sequence and workload time history of simulation based on a set of inputs; flightcrew procedure, cockpit layout and aircraft characteristics. FWEP's three major components are scenario generator, human behavior simulator and data viewer. The scenario generator converts users inputs to scenario which is used to drive a behavioral simulation. The human behavior simulator calculates task timeline and workloads by using simulated human models interacting with aircraft model. Their results could be handled by the data viewer. The FWEP was applied to estimation for a flightcrew workload. Based on the simulation results, capabilities, limitations and potential advantages of FWEP have been discussed.
航空機のコックピット設計や操作手順設計プロセスに適用することを目的として、ワークロード推算ツールを開発した。本ツールは、入力として与えられるコックピット機器配置、操作手順および航空機特性をもとに、パイロット行動のシミュレーションを実施し、パイロットの作業の時間軸解析(Timeline Analysis)およびワークロード推算を行い、結果を出力する。本ツールは、入力された操作手順などをもとに行動計算用シナリオを生成するシナリオ生成ルーチン、シナリオに基づいてシミュレーションを行う行動計算ルーチン、行動計算の結果出力された時系列の乗員行動およびワークロードを図表化する結果処理ルーチンの合計3部から構成される。ここで乗員ワークロード推算や時間軸解析にはJAXAで研究推進中の計算機人間モデル技術を利用した。このように入力からワークロード出力までの過程を自動化・簡略化し、計算に要する時間を短縮することで、コックピット機器配置や操作手順などの改良・変更による解析・検討作業の効率化が可能となる。本稿では、開発したFWEP(Flightcrew Workload Estimation Package)について記述するとともに、実際のコックピット機器配置および操作手順を用いて実施したワークロード推算例を示す。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordscockpit; flight crew; workload; computer program; human behavior; human performance; man machine system; pilot support system; operational procedure; estimation; aircraft reliability; コックピット; 飛行乗員; ワークロード; 計算機プログラム; 人間行動; ヒューマンパフォーマンス; マンマシンシステム; パイロット支援システム; 操作手順; 推定; 航空機信頼性
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0064016000
Report NoJAXA-RR-07-048
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/34325


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.