JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
48468012.pdf790.64 kB
title海外衛星帯電ソフトウェアの動向
Other TitleTrend of overseas satellite charging software development
Author(jpn)岡田 雅樹
Author(eng)Okada, Masaki
Author Affiliation(jpn)国立極地研究所
Author Affiliation(eng)National Institute of Polar Research
Issue Date2005-03-31
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication title第1回宇宙環境シンポジウム報告書
Proceedings of the First Spacecraft Environment Symposium
Start page58
End page60
Publication date2005-03-31
Languagejpn
Abstract国内初の衛星帯電解析ソフト(MUSCAT)の開発を始めるにあたり、海外の衛星帯電ソフトウェアの開発状況をまとめることは、今後の方向性、問題点を共有し、開発方針を決定する上において重要なことであると考えられる。本発表では、欧米における帯電開発ソフトウェアについて2003年に米国アラバマ州において開催された第8回衛星帯電技術会議での発表資料をもとに、実際にESAなどを訪れてソフトウェアに触れて得た印象を含めて報告紹介を行った。対象となる主なソフトウェアは、NASCAP-2k(米国)、SPARCS(ESA)、SPIS(ESA)、VTL(米国)の4つのソフトウェアである。
DescriptionJAXA Special Publication
宇宙航空研究開発機構特別資料
KeywordsMUSCAT; computer program; trend analysis; general overview; GUI; spacecraft charging; simulation; ion engine; MUSCAT; 計算機プログラム; 動向解析; 総覧; GUI; 宇宙機帯電; シミュレーション; イオンエンジン
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
ISSN1349-113X
SHI-NOAA0048468012
Report NoJAXA-SP-04-010
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/35169


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.