JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
49480000.pdf1.99 MB
title水星大気の生成メカニズムに関する研究:MMO搭載機器MSASIでの観測に向けて
Other TitleMercury's exosphere explored by BepiColombo mission
Author(jpn)彦坂 健太郎; 亀田 真吾; 野澤 宏大; 吉岡 和夫; 山崎 敦; 吉川 一朗; 笠羽 康正
Author(eng)Hikosaka, Kentaro; Kameda, Shingo; Nozawa, Hiromasa; Yoshioka, Kazuo; Yamazaki, Atsushi; Yoshikawa, Ichiro; Kasaba, Yasumasa
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency
Issue Date2006-03-10
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2006-03-10
Languagejpn
AbstractMercury's Sodium Atmosphere Spectral Imager (MSASI) on BepiColombo is under development. MSASI is a high-dispersion visible spectrometer working in the spectral range around sodium D2 emission using a Fabry-Perot interferometer (FPI). Discoveries of Na, K and Ca from the ground-based observations clearly arise that the regolith of Mercury releases a fraction of its content to the atmosphere. Some processes are proposed up to now as release mechanisms, e.g. (1) Photon-stimulated desorption, (2) Ion sputtering, and (3) Micro-meteoroid impact/vaporization. Here we use 3D Monte Carlo simulation in these cases to describe the images taken by MSASI. We can see specific spatial distributions of the Mercury atmosphere in each process. Therefore we conclude that MSASI can identify the mechanism of the Mercury atmosphere comparing with our simulation result.
我々はBepiColombo水星探査計画の磁気圏探査機(MMO)の搭載機器として、ナトリウム大気の運動を可視化するカメラ(MSASI)を開発している。これはファブリペロー干渉計を用いてナトリウムD2線を分光観測する装置である。水星のナトリウム大気は地上からの観測により、その放出機構として太陽光による光脱離、微小隕石の衝突による気化、太陽風イオンによるスパッタリングが主な候補として考えられている。今回この3つの場合でそれぞれ数値計算を行いナトリウムのコラム密度を求めた結果、放出機構によりナトリウム大気の分布に特徴が表れることが確認された。さらにMSASIによる撮像を想定し、MMOの軌道・太陽活動度・ナトリウム大気の明るさなどを考慮することでD2線の強度分布を計算した結果、コラム密度の場合と同様に放出機構によってそれぞれ特徴的な大気分布がMSASIで撮像できることを確認した。今回の計算結果より水星探査機に搭載する大気カメラ(MSASI)での観測が実現することで、発見以来謎とされていた水星大気の生成メカニズムを解明することが可能であると結論付けた。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
KeywordsMercury; planetary atmosphere; sodium vapor; space exploration; high dispersion spectrograph; resonance scattering; solar radiation; solar wind; photon stimulated desorption; Fabry-Perot interferometer; 水星; 惑星大気; ナトリウム蒸気; 宇宙探査; 高分散分光器; 共鳴散乱; 太陽放射; 太陽風; 太陽光脱離; Fabry-Perot干渉計
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0049480000
Report NoJAXA-RR-05-021
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/35211


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.