JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
48702000.pdf4.11 MB
title高速飛行実証フェーズ2の実飛行データに基づく誘導制御系評価
Other TitleEvaluation for guidance and control system of high speed flight demonstrator phase 2 based on actual flight data
Author(jpn)鈴木 広一; 塚本 太郎; 冨田 博史
Author(eng)Suzuki, Hirokazu; Tsukamoto, Taro; Tomita, Hiroshi
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics
Issue Date2005-07-28
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2005-07-28
Languagejpn
AbstractThis report describes post-flight evaluation of the guidance and control system of the High Speed Flight Demonstrator phase 2, which was tested at the Esrange test site on July 1, 2005. The results of evaluation proved that the guidance and control system satisfied all requirements of the flight experiment. The flight simulation, which was based on the reference mathematical model used in development and design of the vehicle, showed some differences compared with the actual flight. Post-flight evaluation indicated the possibility that the model had errors. Except for the wind model, these errors were within permitted limits. For the wind model, the results could not show whether the wind was real or not. The post-flight evaluation also indicated that more careful construction of the mathematical model and more realistic flight simulation technology are required. Very important knowledge for future vehicle development was obtained in this study.
本稿では、2003年7月1日にスウェーデン・エスレンジ実験場にて実施された、高速飛行実証フェーズ2の第1回実飛行データに基づき、実証機の誘導制御系に対する評価結果を報告する。実飛行データによる評価の結果、誘導制御系は課せられた要求条件を全て満足したことが明らかとなった。ただし設計モデルに基づく飛行シミュレーションと実飛行には、若干の相違が認められた。この原因について検討したところ、実証機設計開発で使用した基準となる数学モデルに対し、実際には誤差が存在した可能性があることが分かった。これらの誤差は、風を除き設計開発で想定した誤差の範囲内であった。風については、実際に想定した誤差を超える風に遭遇したのか、あるいは計測器の観測誤差によるものなのか、明らかにはならなかった。また、一部の故障が即飛行破綻に繋がらないよう、故障モードに対する検証や、より忠実に実環境を表現する数学モデルの構築およびシミュレーション技術の必要性が明らかとなった。本稿で実施した解析によって、宇宙往還機のみならず、今後のシステム開発に対し、その設計評価に対して有益な知見が得られた。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordsreusable space transportation system; winged reentry vehicle; High Speed Flight Demonstration; flight test; aerodynamic characteristic; flight simulation; flight characteristic; mathematical model; aircraft guidance; actual flight data; 再使用型宇宙輸送系; 有翼再突入機; 高速飛行実証; 飛行試験; 空力特性; 飛行シミュレーション; 飛行特性; 数学モデル; 航空機誘導; 実飛行データ
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0048702000
Report NoJAXA-RR-04-040
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/36448


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.