JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
49493000.pdf4.05 MB
title環境試験技術報告:熱真空試験用熱流束センサの測定原理
Other TitleEnvironmental testing technical report: Measurement principle of thermal sensor for thermal vacuum tests
Author(jpn)明神 絵里花; 斎藤 幹雄
Author(eng)Myojin, Erika; Saito, Mikio
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 宇宙基幹システム本部 試験センター; 宇宙航空研究開発機構 宇宙基幹システム本部 試験センター
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Environmental and Structural Test Lab., Office of Space Flight and Operations; Japan Aerospace Exploration Agency Environmental and Structural Test Lab., Office of Space Flight and Operations
Issue Date2006-03-31
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2006-03-31
Languagejpn
Abstract宇宙機の地上試験のひとつである熱真空試験では、宇宙での太陽光や地球赤外、機器の発熱などの熱的環境および真空環境における宇宙機の耐環境性を確認する。地上で宇宙空間の高真空、冷暗黒を模擬する設備としてはスペースチャンバが利用され、軌道上での熱入力模擬には、IRランプ、ロッドヒータ、ソーラシミュレータなどが用いられる。熱真空試験においては宇宙機への熱入力量を測定する必要があり、そのためにカロリーメータ、放射照度計および太陽電池セルなどの熱流束センサが用いられる。熱流束センサはその原理によって大きく2つに分けられる。熱型センサ:放射エネルギを熱エネルギに変換してその量を測定するセンサ。量子型センサ:光電効果により太陽放射エネルギを電気エネルギに変換してその量を測定するセンサ。カロリーメータと放射照度計は熱型センサであり、太陽電池セルは量子型センサである。本資料では、スペースチャンバという高真空、極低温条件という特殊な環境で、IRランプ、ロッドヒータ、ソーラシミュレータなどからの放射エネルギの測定をする熱流束センサについて、その測定原理を解説する。
DescriptionJAXA Research and Development Memorandum
宇宙航空研究開発機構研究開発資料
Keywordsthermal vacuum test; thermal flux; aerospace environment; vacuum chamber; radiative heat transfer; space chamber; spacecraft environment; solar simulator; ultrahigh vacuum; 熱真空試験; 熱流束; 航空宇宙環境; 真空チャンバ; 放射熱伝達; スペースチャンバ; 宇宙機環境; ソーラシミュレータ; 超高真空
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発資料
ISSN1349-1121
SHI-NOAA0049493000
Report NoJAXA-RM-05-009
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/39171


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.