JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
63606000.pdf4.4 MB
title将来宇宙輸送システムの概念設計ツールの開発について
Other TitleDevelopment of optimal design and evaluation program for future space transportation system concept
Author(jpn)鈴木 広一; 苅田 丈士; 甲斐 高志; 小林 弘明; 高嵜 浩一; 廣谷 智成; 倉谷 尚志
Author(eng)Suzuki, Hirokazu; Kanda, Takeshi; Kai, Takashi; Kobayashi, Hiroaki; Takasaki, Koichi; Hirotani, Tomonari; Kuratani, Naoshi
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 将来宇宙輸送系研究センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 将来宇宙輸送系研究センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 将来宇宙輸送系研究センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 将来宇宙輸送系研究センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 将来宇宙輸送系研究センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 風洞技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 将来宇宙輸送系研究センター
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Future Space Transportation Research Center, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Future Space Transportation Research Center, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Future Space Transportation Research Center, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Future Space Transportation Research Center, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Future Space Transportation Research Center, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Wind Tunnel Technology Center, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Future Space Transportation Research Center, Institute of Aerospace Technology
Issue Date2008-01-31
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2008-01-31
Languagejpn
AbstractThe Japan Space Exploration Agency (JAXA) is developing a concept design tool called SEAT (Systems Evaluation and Analysis Tool) to assist in evaluating candidate space transportation system concepts and selecting promising concepts for further development. This paper describes the SEAT development objectives, development strategy, and present status. The concept design of five systems that use the rocket, the Turbine-Based Combined Cycle (TBCC), and the Rocket-Based Combined Cycle (RBCC) engine are also performed using the SEAT. The concept design is performed to minimize the gross take-off weight. The lightest system concept is the Two-Stage-To-Orbit (TSTO) using rocket propulsion for both stages in this design.
宇宙航空研究開発機構では、将来の宇宙輸送システムコンセプトの絞り込み、開発すべき技術課題の抽出、および現状技術の改善目標を設定するため、概念設計ツール(Systems Evaluation and Analysis Tool: SEAT)を開発中である。本報告書では、まずSEAT開発の目的、開発シナリオをまとめ、開発した雛形ツールについて報告する。ついで、代表的なエンジンの評価を行うため、雛形ルールを用いて5種類の宇宙輸送システムの概念設計を行った。本報告書では、液体ロケットエンジン、Turbine-Based Combined Cycle(TBCC)エンジン、およびRocket-Based Combined Cycle(RBCC)エンジンを対象とした。概念設計は、全備重量が最小となるように行った。その結果、母機、軌道機共にロケットエンジンを使用する2段式宇宙往還機のコンセプトが、最も軽量となる結果が得られた、本システムはエンジン搭載性についても問題がなく、最も現実的なシステムである。TBCCエンジンやRBCCエンジンといった空気吸い込み式のエンジンを使用する場合には、必要なエンジン基数が多くなり、その搭載性に問題があるという結果が得られた。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordsspace transportation system; spacecraft design; aerodynamic characteristic; aerodynamic coefficient; Japanese space program; rocket-based combined-cycle engine; turbine-based combined cycle engine; aerodynamic heating; supersonic flight; 宇宙輸送システム; 宇宙機設計; 空力特性; 空力係数; 日本の宇宙計画; ロケット組込複合サイクルエンジン; タービン組込複合サイクルエンジン; 空力加熱; 超音速飛行
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0063606000
Report NoJAXA-RR-07-006
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/39961


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.