JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
47680000.pdf2.46 MB
titleAstro-E2衛星搭載硬X線検出器(HXD-2)の放射化バックグラウンド特性
Other TitleActivation background of the Hard X-ray Detector 2 (HXD-2) onboard Astro-E2
Author(jpn)村島 未生; 川原田 円; 国分 紀秀; 岡田 祐; 牧島 一夫; 井上 北斗; 小林 謙仁; 三谷 烈史; 中澤 知洋; 高橋 忠幸
Author(eng)Murashima, Mio; Kawaharada, Madoka; Kokubun, Motohide; Okada, Yu; Makishima, Kazuo; Inoue, Hokuto; Kobayashi, Yoshihito; Mitani, Takefumi; Nakazawa, Kazuhiro; Takahashi, Tadayuki
Author Affiliation(jpn)東京大学; 東京大学; 東京大学; 東京大学; 東京大学; 東京大学; 東京大学; 東京大学; 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部; 東京大学
Author Affiliation(eng)University of Tokyo; University of Tokyo; University of Tokyo; University of Tokyo; University of Tokyo; University of Tokyo; University of Tokyo; University of Tokyo; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space and Astronautical Science; University of Tokyo
Issue Date2004-12-01
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2004-12-01
Languagejpn
AbstractThe Astro-E2 Hard X-ray Detector (HXD-2) is characterized by well-type phoswich counters in a compound-eye configuration which reduce the detector background to lower level than any other past hard X-ray mission. Astro-E2 will be operated in Low Earth Orbit. In such environment, the major origin of background is activation induced by trapped protons with the energy of approximately 100 MeV in South Atlantic Anomaly. In order to study activation properties of HXD-2, beam irradiation experiments have been carried out for a flight-equivalent unit of HXD-2, and the internal background has been measured with electronics which is identical with a flight model.
Astro-E2衛星に搭載される硬X線検出器(Hard X-ray Detector 2, HXD-2)は、10keVから600keVの領域での宇宙硬X線の観測を行う。その最大の特徴は、アクティブシールドによる反同時計数など、さまざまな工夫を凝らした徹底した低バックグラウンド化であり、それによって従来の検出器よりも1桁良い感度を達成すると期待される。こうして低バックグラウンド化を図ったあと、最後に残るのは、地磁場に捕捉された100MeV程度の陽子によって引き起こされる放射化バックグラウンドである。HXD-2が期待通りの性能を発揮するためには、この放射化バックグラウンドを正確に見積もって差し引くことが必須である。軌道上での放射化バックグラウンドを物理的に正しく解釈するためには、予め、その特性を地上試験によって確かめておくことが有効である。そこで加速器を用いて、衛星軌道上の環境を模擬した100MeV、210MeVの陽子を、実際に衛星搭載品と同等の検出器ユニットに照射する放射化試験を行った。照射後10分後から40日近く後まで、放射化させた検出器のバックグラウンドを、衛星搭載品と同等の回路系を用いて測定した。その結果、反同時計数が正しく動作していること、シールド部自身の放射化成分の洩れ込みは、シールドが無いときと比べて最大でも2倍程度であり、数日以上の長寿命成分については、無視できるほど低いことが確かめられた。また、1日で減衰してしまうような短寿命成分についても、1日あたりに生じると予想される放射化バックグラウンドは、最大でも照射前の内在バックグラウンドと同じ、もしくは、それより低いと分かった。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
KeywordsX-ray detector; Astro-E2 satellite; hard X-ray emission; activation background; South Atlantic Anomaly; X-ray spectrometer; aerospace environment; low Earth orbit; X線検出器; Astro-E2衛星; 硬X線放射; 放射化バックグラウンド; 南大西洋地磁気異常帯; X線分光器; 航空宇宙環境; 低地球軌道
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0047680000
Report NoJAXA-RR-04-004
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/41221


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.