JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
63318000.pdf11.46 MB
titleITBL環境におけるロケット打ち上げ飛行シミュレーションソフトウェアMUROS
Other TitleSoftware for rocket flight simulation in ITBL environment: MUROS
Author(jpn)岩宮 敏幸; 山本 行光; 村上 桂一; 甫喜山 潔
Author(eng)Iwamiya, Toshiyuki; Yamamoto, Yukimitsu; Murakami, Keiichi; Hokiyama, Kiyoshi
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 計算力学研究センター
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Aerospace Technology; Research Center of Computational Mechanics Inc.
Issue Date2007-03-23
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2007-03-23
Languagejpn
AbstractThis is a report on a multidisciplinary simulation software package, MUROS (MUltidisciplinary ROcket Simulation), which we have developed to be utilized in an ITBL (Information Technology Based Laboratory) environment, a virtual workspace on the Internet. In the ITBL environment, ITBL middleware manages the computer resources registered on the network and visualizes workflows. Hence, it is not necessary to be conscious of individual computer resources and application software can be run easily and effectively. MUROS software is used to predict processes from the launching of a rocket to the separation of booster rockets in the following steps. The first is estimation of thrust and drag by CFD (Computational Fluid Dynamics) analysis around the rocket. Next is the estimation of the rocket displacement by combining flight movement analysis with the thrust and drag.
ITBL(Information Technology Based Laboratory)プロジェクトは、近年飛躍的にその帯域を広げてきた広域ネットワーク上に接続されているスーパーコンピュータやデータベースなどの計算資源を有効に活用するための仕組みと、その上で利用可能な計算科学アプリケーション・ソフトウェアを開発することを目的として2001年度から開始されたプロジェクトで、科学技術庁(現在は文部科学省)傘下の6機関が中心となって役割分担をしながら進めてきたものである。本報告は、この中でITBL環境において活用されるソフトウェアとして開発してきた、ロケット打ち上げ飛行シミュレーションソフトウェア(MUltidisciplinary ROcket Simulation: MUROS)についての報告である。MUROSはロケットの打ち上げから補助ロケットの分離までの過程をロケット周りの流体解析により推力と抵抗を推算し、飛行運動解析と組み合わせてロケットの運動を解析するためのソフトウェアである。ITBLの提供する基盤ソフトウェアとうまく組み合わせることにより、仮想化された環境の中で個々の計算機資源を意識することなく作業をすることができるようになり、ITBL環境を有効に活用することができる。本報告では、例題の結果を示した後、一連の操作方法の説明、プログラムについての簡単な説明を示す。例題としてはメインロケットの周りに補助ロケットが4本ついている形状を取り扱う。
DescriptionJAXA Research and Development Memorandum
宇宙航空研究開発機構研究開発資料
Keywordscomputer program; computer programming; computerized simulation; rocket launching; flight simulation; computational fluid dynamics; CPU; flight profile; computational grid; 計算機プログラム; 計算機プログラミング; 計算機シミュレーション; ロケット打上げ; 飛行シミュレーション; 計算流体力学; CPU; 飛行プロフィル; 計算格子
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発資料
ISSN1349-1121
SHI-NOAA0063318000
Report NoJAXA-RM-06-005
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/43986


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.