JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
63826000.pdf3.36 MB
title高速回転ホイール:高速回転ホイール開発を通しての知見
Other TitleDevelopment report for High Speed Flywheel
Author(jpn)井澤 克彦; 市川 信一郎
Author(eng)Izawa, Katsuhiko; Ichikawa, Shinichiro
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 誘導・制御技術グループ; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 誘導・制御技術グループ
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Spacecraft Guidance, Control and Dynamics Engineering Group, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Spacecraft Guidance, Control and Dynamics Engineering Group, Institute of Aerospace Technology
Issue Date2008-02-29
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2008-02-29
Languagejpn
AbstractWe have developed an advanced reaction wheel based on a study for a reaction wheel with high torque and low disturbance characteristics since FY2001. The advanced reaction wheel is characterized by small and high performance in comparison with a current domestic wheel and will be supplied to various satellite missions. In FY2004-2006, we have completed Qualification tests for an advanced reaction wheel type M (Middle size) and type L (Large size). This report describes principles and design of Flywheel and engineering knowledge acquired through development of High Speed Flywheel.
フライホイールは衛星の姿勢制御に欠くことのできない機器であり、姿勢の喪失は電力、ミッションの喪失に直結することから、フライホイールには非常に高い信頼性が要求される。しかしながらフライホイールに関する重大な不具合がいくつかの衛星プロジェクトの開発段階と軌道上運用段階で発生しているのが現状であり、確実に動作するフライホイールが期待されている。一方、観測衛星をはじめとして、衛星の姿勢・指向制御要求が高精度化し、さらに高速でかつ大きな姿勢変更が求められるなど、フライホイールに対する要求(高出力トルク、振動擾乱の低減など)が近年高度化しつつある。これら高度化要求と前述の高信頼度要求を同時に満足することが求められている。上述背景のもと、宇宙航空研究開発機構では、2001年度より、当時、宇宙3機関(宇宙科学研究所、航空宇宙技術研究所、宇宙開発事業団)連携協力事業の一環として、高性能かつ高信頼性の次世代高性能フライホイールに関する研究(次世代玉軸受ホイールの研究、磁気軸受ホイールの研究)をスタートさせ(現在は宇宙航空研究開発機構総合技術研究本部にて研究を継承している)、現在までに中・大型サイズのタイプM/Lの開発を完了している。本資料は宇宙用フライホイールの原理・設計を概説するとともに、高速回転ホイール開発研究で得た技術知見を整理したものである。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordsreaction wheel; satellite attitude control; angular momentum; reliability; momentum wheel; gyroscope; torque; structural design; ball bearing; durability; リアクションホイール; 衛星姿勢制御; 角運動量; 信頼性; モーメンタムホイール; ジャイロスコープ; トルク; 構造設計; ボールベアリング; 耐久性
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0063826000
Report NoJAXA-RR-07-025
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/45009


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.