JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
47946000.pdf8.73 MB
title柔構造特性の同定方法及び制御に関する研究
Other TitleOn-orbit system identification and attitude control experiment for ETS-8
Author(jpn)山口 功; 葛西 時雄; 井川 寛隆; 濱田 吉郎; 木田 隆; 児子 健一郎; 市川 信一郎; 池田 正文; 砂川 圭; 小松 敬治
Author(eng)Yamaguchi, Isao; Kasai, Tokio; Igawa, Hirotaka; Hamada, Yoshiro; Kida, Takashi; Nigo, Kenichiro; Ichikawa, Shinichiro; Ikeda, Masafumi; Sunakawa, Kei; Komatsu, Keiji
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 航空安全技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 電気通信大学; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Air Safety Technology Center; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; University of Electro-Communications; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space and Astronautical Science
Issue Date2004-12-01
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2004-12-01
Languagejpn
AbstractThis report describes the preliminary studies for the on-orbit system identification and attitude control experiments for ETS-8 (Engineering Test Satellite-8). ETS-8 is an advanced satellite being developed primarily to establish and verify the world's largest 3-ton-class geostationary satellite bus technology and will be launched by H-2A launch vehicle in a couple of years. The on-orbit system identification and attitude control experimental program is in the planning phase. In this report, the dynamics model of ETS-8, and the mathematical background of the on-orbit system identification algorithms are presented. In addition the gain-scheduling robust controller design method, which is applicable to the parameter-variation model, is also described.
人工衛星の趨勢のひとつとして、展開アンテナ、太陽電池パドル、観測センサといった大型の柔構造付着物を有する方向がある。柔構造物の姿勢運動への影響が大きいことを考慮すると、柔構造物特性を正確に測定出来ると有益である。しかし、全系の柔構造特性を地上試験で測定することは事実上困難である。また、各柔構造物毎の柔構造特性の地上測定も、重力環境の為に若干の不確定さを含む。設計ではこういった不確定さを考慮してあるが、軌道上に投入された後、フライトデータを用いて全系軌道上形態で柔構造特性がシステム同定されれば、有用である。なぜなら、設計時見積もりの柔構造特性の事後評価や制御系チューニングが可能となるからである。また、この様な技術は、1度確立すれば繰り返し適用出来る。宇宙航空研究開発機構が2006年度頃に打上を予定している技術試験衛星8型(ETS-8)は上記で述べた様な人工衛星であり、大型展開アンテナ、太陽電池パドルを有する。そこで、ETS-8においても上述の様な全系軌道上形態での柔構造特性のシステム同定実験とその後の後期利用段階においてパラメータ変動に伴うシステムにも対応可能なロバスト姿勢制御系を適用した次世代高精度姿勢制御実験を行うことを予定している。本研究の目的は、ETS-8における柔構造特性同定実験に必要な各種の同定アルゴリズムの設計を行い、設計時見積もりの柔構造特性の事後評価や制御系チューニングに資するべく、軌道上のダイナミクス評価を行い、同様の同定技術の習熟を図ること、そして、柔構造衛星の高精度姿勢制御技術の確立を図るべく、モデル誤差にロバストな次世代型の姿勢振動制御アルゴリズムを開発し、軌道実験でその有用性・妥当性を確認することである。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
KeywordsETS-8; H-2A launch vehicle; attitude control; system identification; synchronous satellite; algorithm; antenna; FEM; ETS-8; H-2A打上げ機; 姿勢制御; システム同定; 静止衛星; アルゴリズム; アンテナ; FEM
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0047946000
Report NoJAXA-RR-04-007
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/47494


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.