JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
49046000.pdf31.01 MB
title大気球研究報告
Other TitleResearch reports on high altitude balloons
Author(jpn)宇宙航空研究開発機構
Author(eng)Japan Aerospace Exploration Agency
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency
Issue Date2006-01-31
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2006-01-31
Languagejpn
Abstract本報告では、多層膜構造気球の開発に関する報告を皮切りに、微生物採集装置の開発、柔構造体の飛行性能試験、大気球を用いたソーラーセイル膜面の展開実験の報告がまとめられている。また、2003年12月から2004年1月にかけて、第45次夏期南極プロジェクトの一環として行われた南極周回気球実験の詳細な報告がなされている。この実験は、平均高度35kmにおいて、13日間にわたって行われたもので、これまでの三陸での観測総量を1桁以上超えるデータの取得に成功した。今後、こうした長期飛翔実験が、一般的なものになると、気球による宇宙観測に新しい展開が訪れるこどになろう。本報告では、こうした長時間観測の先駆けとなった日ロ共同気球実験によるエメルションチェンバーの解析によって得られた高エネルギー銀河宇宙線のエネルギースペクトルについての成果も報告されている。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordsballoon; aeroshell; solar sail; high energy electron; energy spectrum; microorganism; balloon design; flight trajectory; multi-particle model; polar patrol balloon; balloon experiment; UV-resistant microbe; 気球; エアロシェル; ソーラーセイル; 高エネルギー電子; エネルギースペクトル; 微生物; 気球設計; 飛翔航跡; 多粒子モデル; 南極周回気球; 気球実験; 耐紫外線微生物
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0049046000
Report NoJAXA-RR-05-012
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/47556


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.