JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
47949000.pdf3.54 MB
title低速風洞における非断熱性全機模型上の遷移計測
Other TitleAn improvement of the transition measurement techniques for metallic aircraft-model in typical lowspeed wind tunnel
Author(jpn)横川 譲; 青木 良尚; 星野 秀雄; 室田 勝一; 野中 修; 吉田 憲司; 上田 良稲; 石川 敬掲
Author(eng)Yokokawa, Yuzuru; Aoki, Yoshihisa; Hoshino, Hideo; Murota, Katsuichi; Nonaka, Osamu; Yoshida, Kenji; Ueda, Yoshine; Ishikawa, Hiroaki
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 風洞技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 風洞技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 風洞技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 風洞技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Wind Tunnel Technology Center, Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Wind Tunnel Technology Center, Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Wind Tunnel Technology Center, Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Wind Tunnel Technology Center, Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics
Issue Date2005-02-28
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2005-02-28
Languagejpn
AbstractThis study developed procedures to measure the boundary layer transition on a metallic aircraft model in a typical large-scale low-speed wind tunnel. At the JAXA 6.5 m x 5.5 m low-speed wind tunnel (LWT1), the boundary layer on the left wing of the ONERA model was investigated using two quantitative methods (Preston Tube and Hotfilm Sensor) and also two visualizing methods (temperature-sensitive Liquid Crystal, Infrared Camera). In the course of the experiments a technique for investigating transition points was developed, which is presented here.
遷移計測の高度化高効率化を念頭に、最適な計測手法選定と関連技術開発を目的として、開発試験において実施することが予想される非断熱性の輸送機形態模型を対象に遷移計測を実施した。試験は宇宙航空研究開発機構風洞技術開発センター6.5m×5.5m低速風洞(LWT1)において、ONERA低速標準模型を対象に行った。計測手法としては、定量的点計測法としてプレストン管およびホットフィルムセンサー、また、可視化的手法として感温液晶フィルムおよび赤外線カメラを使用した。試験の結果、プレストン管およびホットフィルムによる定量計測は、計測点の移動に時間を要するものの詳細かつ正確なデータ取得に適していることが実証された。また感温液晶と赤外線カメラを用いた計測およびその結果から、非断熱性の模型上であっても模型の強制冷却を行うことにより模型表面温度分布からの遷移点判定が可能であることが実証された。総合的には、本試験のような条件下においては、赤外線カメラ計測結果から得たマクロな情報を元に、プレストン管あるいはホットフィルムにより重要なポイントの詳細計測を行う手法が最適であるという結論を得た。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordslow speed wind tunnel; metal aircraft model; transition measurement; infrared camera; boundary layer transition; wing; liquid crystal; temperature distribution; 低速風洞; 金属航空機モデル; 転移測定; 赤外線カメラ; 境界層転移; 翼; 液晶; 温度分布
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0047949000
Report NoJAXA-RR-04-018
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/47858


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.