JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
63447000.pdf1.62 MB
title耐熱構造要素評価試験用赤外線ランプ加熱システムの機能性向上と加熱特性評価
Other TitleFunctionality improvement and heating property evaluation of infrared lamp heating system for thermal resistive structure element tests
Author(jpn)種村 利春; 佐藤 裕; 甲斐 高志
Author(eng)Tanemura, Toshiharu; Sato, Yutaka; Kai, Takashi
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 構造技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 構造技術開発センター; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部 構造技術開発センター
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Structure Technology Center, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Structure Technology Center, Institute of Aerospace Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Structure Technology Center, Institute of Aerospace Technology
Issue Date2007-03-30
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2007-03-30
Languagejpn
AbstractBasic heating property evaluation tests were conducted by using an infrared quartz lamp heating system which was developed to investigate the thermal conductivity properties of Thermal Protection System (TPS) applied for reusable reentry vehicles. Recently, a great modification was made to this system to improve the functionality and the reliability of applied heat flux condition. A renewal system has a programmable control capability of both the atmospheric pressure and the irradiative heating strength so as to simulate a condition of reentry. Moreover, the precise heat flux distributions profile can be measured by introducing newly developed heat flux sensor array measurement equipment. In this report, the outline of the improved system and the basic heating characteristic data were shown to give the useful information on this system for the future application.
宇宙往還機の熱防護系(TPS: Thermal Protection System)評価試験に用いるために開発された、赤外線ランプを加熱源とした耐熱構造要素評価試験システムに対して、運用上の機能性と実験精度の向上を図ることを目的とした改修をあらたに加え、基本的加熱特性評価試験を行った。本システムは、真空槽内に設置した供試体を、真空槽の一端に取り付けられた石英ガラス製ベル型耐圧容器(ベルジャ)を通して、赤外線ランプにより加熱するものである。今回の改修では、これまで手動によって行うことが必要であったランプヘの供給電力制御および真空度制御の全自動化が図られた。これにより供給電力および雰囲気圧力を、時刻歴も含めて予めプログラムされたパターンに従った制御が容易に行えるようになり、従来と比較して機能性が格段に向上するとともに、同時に進めたランプ冷却用圧縮空気源などの補機類の能力向上によって、より長秒時の試験にも安定的に対応できるシステムとすることができた。また本システム専用の加熱率較正用熱流束センサアレイの開発も行い、供試体設置箇所における輻射加熱率の空間分布プロファイルが精度良く評価できるようになった。
DescriptionJAXA Research and Development Memorandum
宇宙航空研究開発機構研究開発資料
Keywordshigh temperature test; thermal vacuum test; infrared heating; thermal protection system; thermal conductivity; reentry vehicle; atmospheric entry; radiant heating; spacecraft construction material; heat flux; 高温試験; 熱真空試験; 赤外加熱; 熱防御システム; 熱伝導度; 再突入機; 大気突入; 放射加熱; 宇宙機構造材料; 熱流束
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発資料
ISSN1349-1121
SHI-NOAA0063447000
Report NoJAXA-RM-06-012
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/48096


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.