JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
47679000.pdf6.78 MB
titleμ-LabSat NAL実験の運用
Other TitleOperation of NAL's orbital experiment using micro-LabSat
Author(jpn)河本 聡美; 上村 平八郎; 山本 宏; 西田 信一郎
Author(eng)Kawamoto, Satomi; Kamimura, Heihachiro; Yamamoto, Hiroshi; Nishida, Shinichiro
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部; 情報通信研究機構; 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics; National Institute of Information and Communications Technology; Japan Aerospace Exploration Agency Institute of Space Technology and Aeronautics
Issue Date2004-10-25
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2004-10-25
Languagejpn
AbstractImage processing experiments have been conducted on Micro-LabSat, which was launched as a piggyback payload of the Advanced Earth Observation Satellite-2 (ADEOS 2) on 14 December, 2002. In a series of experiments to test automatic target recognition using image processing techniques, Micro-LabSat released an orange-colored object called the target at a velocity of about 1 cm/sec towards the Earth, and then proceeded to capture images of it using an on-board CMOS camera. The target was successfully recognized, and the feasibility of the technique in a realistic scenario, using an actual on-board camera to provide color information, was confirmed. This technique is applicable to future space applications such as space debris removal. This report describes the preparation, operation, and results of these experiments.
2002年12月14日、地球観測衛星ADEOS-2のピギーバックとして打ち上げられたμ-LabSatにおいて、NALの画像処理実験が行われた。これはμ-LabSatから直径10cmのオレンジ色に着色されたターゲット物体を地球背景になるように秒速1cm程度で放出し、衛星搭載CMOS(Complementary Metal-Oxide Semiconductor)カメラで撮影して、画像処理により自動視認するというものである。2003年3月10日、露光調節実験においてプログラムの機能や露光レベルの確認を行い、続いて同3月14日、ターゲット放出実験を行った。ターゲットが衛星の構体影から出ない間は視認できなかったが、初期の衛星からの照り返しや日照のある状態でターゲットの自動視認に成功した。この実験により、デブリ回収などに必要とされる色情報を用いた非協力ターゲットの自動視認が有効で、実際の宇宙用カメラおよび搭載計算機で実施できることが実証された。本論文は、この実験の準備・運用・結果について報告する。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordsimage processing; automatic target recognition; non-cooperative target; space debris; CMOS camera; micro-LabSat; piggyback satellite; ADEOS-2; 画像処理; 自動標的認識; 非協力的標的; 宇宙デブリ; CMOSカメラ; μ-LabSat; ピギーバック衛星; ADEOS-2
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0047679000
Report NoJAXA-RR-04-003
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/48487


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.