JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
63993000.pdf1.35 MB
title飛行データ解析プログラムのための乗員行動再構築
Other TitleFlight crew task reconstruction for Flight Data Analysis program
Author(jpn)村岡 浩治; 津田 宏果
Author(eng)Muraoka, Koji; Tsuda, Hiroka
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 航空プログラムグループ 運航・安全技術チーム; 宇宙航空研究開発機構 航空プログラムグループ 運航・安全技術チーム
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Operation and Safety Technology Team, Aviation Program Group; Japan Aerospace Exploration Agency Operation and Safety Technology Team, Aviation Program Group
Issue Date2008-02-29
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2008-02-29
Languagejpn
AbstractThe Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) has started development of a proactive flight crew operations safety analysis tool designed to be used within an air carrier's FDA (Flight Data Analysis) program. The tool reconstructs flight crew activities, both tasks which are directly detectable from an FDA dataset by changes of system parameters, and tasks which cannot be observed directly from the dataset by using an embedded rule-based human behavioral model. The model generates an estimated sequence of flight crew procedural activities as well as a workload time history. These outputs are used to assess potential problems in daily flight crew operations, such as deviations from Standard Operating Procedures (SOPs) or high workload situations, for the prevention of exceedances and incidents. As an initial step of the development, a prototype flight crew task reconstruction routine was constructed, and a numerical simulation experiment demonstrated the tool's potential capabilities.
宇宙航空研究開発機構では、パイロットの標準操作手順実施に関する潜在的不安全事象を推定・抽出するための計算機ツール'OPSAMS(Operational Procedure Safety Analysis and Monitoring System)'に関する研究・開発を開始した。本ツールは、飛行データ解析プログラムなどの運航現場における安全活動での利用を目指しており、飛行データ記録から運航時の操作手順実施状況を再構築するとともに、標準手順からの逸脱やワークロードの過多など潜在的な不安全要素の抽出を行う。ツールから得られるデータの傾向分析により操作手順や飛行方式などに関わる問題点を見つけ出し、航空機の安全運航を阻害する要因を予防的(プロアクティブ)に除外可能とすることをねらいとしている。本稿では、研究・開発の第1段階として試作した乗員行動再構築ルーチン・プログラムについて報告する。飛行中に実施した手順タスクの順序およびワークロード状態は、組み込まれた計算機人間モデルにより推定する方法とした。試作したルーチンを用いて数値シミュレーションによる行動再構築を行い、本ルーチンの特性と安全性解析への有用性を検証した。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordsaircraft safety; human factors engineering; flight crew; standard operating procedure; aircraft pilot; flight data analysis; flight simulation; cockpit; flight safety; human performance; 航空機安全性; 人間工学; 飛行乗員; 標準操作手順; 航空機パイロット; 飛行データ解析; 飛行シミュレーション; コックピット; 航空安全; ヒューマンパフォーマンス
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0063993000
Report NoJAXA-RR-07-039
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/49885


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.