JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
48059000.pdf2.05 MB
title環境試験技術報告:ウェーブレット技術を用いた衝撃応答波形のゼロシフト抽出および検証方法
Other TitleEnvironmental testing technical report: Removing zeroshift of proshock measurement data by wavelet technique and its verification
Author(jpn)Shi, Qinzhong; 安藤 成将
Author(eng)Shi, Qinzhong; Ando, Shigemasa
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構 宇宙基幹システム本部 試験センター; 宇宙航空研究開発機構 宇宙基幹システム本部 試験センター
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency Environmental and Structural Test Lab., Office of Space Flight and Operations; Japan Aerospace Exploration Agency Environmental and Structural Test Lab., Office of Space Flight and Operations
Issue Date2005-02-03
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2005-02-03
Languagejpn
Abstract宇宙機には衛星分離機構、ソーラパネルやアンテナなどコンポーネントの展開機構に火工品が広く採用されている。これら機構の作動による衝撃は数千Gに及ぶ非常に高い加速度と数10kHzの高周波成分が生じる。その結果、多くの場合において、加速度センサへ過大な応力が印加されることなどによって計測された加速度に「ゼロシフト」が発生してしまう。このようなゼロシフトを「完壁に」防ぐ方法はないと考えられているが、宇宙機開発の検証試験現場においては、実用上使用可能補正手法の開発が望まれている。本稿では、実用上重要な2つの課題であるゼロシフトの判定方法、および補正手法の手順の確立や信頼性について検討した。ゼロシフトの判定方法については、正・負SRS(Shock Response Spectrum)による判定法と速度による判定法がある。補正手法については、衝撃などの瞬時現象に最も適しているウェーブレットを用いた補正手法の手順を確立し、手法の信頼性について基礎実験による検証を行ない、本手法の有効性を確認した。
DescriptionJP-2002-256871
US-Patent-Appl-10/652,034
EU-03255425.5
JAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordswavelet analysis; shock response spectrum; shock wave; spacecraft instrument; antenna; high acceleration; zero shift; FFT; ウェーブレット解析; 衝撃応答スペクトル; 衝撃波; 宇宙機装置; アンテナ; 高加速度; ゼロシフト; FFT
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0048059000
Report NoJAXA-RR-04-020
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/50174


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.