JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
49487000.pdf33.41 MB
title小型超音速実験機(ロケット実験機;NEXST-1)の基本設計結果について
Other TitleResults of the supersonic experimental airplane NEXST-1 basic design
Author(jpn)堀之内 茂; 大貫 武; 吉田 憲司; Kwak, Dong-Youn; 徳川 直子; 滝沢 実; 進藤 重美; 町田 茂; 村上 義隆; 中野 英一郎
Author(eng)Horinouchi, Shigeru; Onuki, Takeshi; Yoshida, Kenji; Kwak, Dong-Youn; Tokugawa, Naoko; Takizawa, Minoru; Shindo, Shigemi; Machida, Shigeru; Murakami, Yoshitaka; Nakano, Eiichiro
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構; 宇宙航空研究開発機構
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency; Japan Aerospace Exploration Agency
Issue Date2006-03-31
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構
Publication date2006-03-31
Languagejpn
AbstractThe research projects for the essential technologies such as aerodynamics, materials and structures, propulsion systems, etc. for the next-generation supersonic transport and development program of unmanned experimental airplane have been conducted at JAXA (Japan Aerospace Exploration Agency, previously NAL; National Aerospace Laboratory) since 1997. The airplane shape is designed by CFD (Computerized Fluid Dynamics) code developed by NAL and the purpose of flight trial is to verify and demonstrate the validity of CFD design technology. This report shows the summary results of the experimental airplane design and ground test before the first trial, and also describes summary of the result of the flight trail, which was conducted on 14th July 2002 in Woomera test range of South Australia.
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は航空宇宙技術研究所(NAL)の時代から次世代超音速機技術研究開発プロジェクトを開始し、ロケットにより打ち上げる無人の小型超音速実験機(NEXST-1;以下ロケット実験機)の開発と飛行実験を行った。実験機の空力形状はJAXAが開発したCFDコードにより設計されており、飛行実験の目的はその実証にある。基本設計は1997年度から開始し詳細設計、維持設計を経て2001年度に実験機システムが完成した。2002年7月にオーストラリアのウーメラ実験場で第1回飛行実験を実施したが、打上ロケットのオートパイロットの不具合により実験は失敗に終わった。その後、信頼性向上ための改修を行い、2005年10月10日に第2回飛行実験を成功裏に完了した。本報告書は研究開発プロジェクトの概要と第1回飛行実験にいたる設計の結果、および地上での確認試験の結果についてまとめたものであり、補足として、第1回飛行実験の状況、その原因調査、および対策検討の結果にも触れた。改修設計の結果、および第2回飛行実験のフェーズについては別途報告書がまとめられる予定である。
DescriptionJAXA Research and Development Report
宇宙航空研究開発機構研究開発報告
Keywordssupersonic aircraft; ground test; aerodynamic characteristic; aircraft construction material; aircraft structure; aircraft design; flight test; CFD design technology; computational fluid dynamics; 超音速機; 地上試験; 空力特性; 航空機構造材料; 航空機構造; 航空機設計; 飛行試験; CFD設計技術; 計算流体力学
Document TypeTechnical Report
JAXA Category研究開発報告
ISSN1349-1113
SHI-NOAA0049487000
Report NoJAXA-RR-05-044
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/53433


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.