JAXA Repository / AIREX 未来へ続く、宙(そら)への英知
titleDemonstration Experiment of Space Debris Sensor on HTV-5
Other TitleHTV-5における微小デブリセンサ実証実験の計画
Author(jpn)奥平, 修; 松本, 晴久; 辻田, 大輔; 小林, 裕希; 北沢, 幸人
Author(eng)Okudaira, Osamu; Matsumoto, Haruhisa; Tsujita, Daisuke; Kobayasi, Yuki; Kitazawa, Yukihito
Author Affiliation(jpn)宇宙航空研究開発機構(JAXA); 宇宙航空研究開発機構(JAXA); 宇宙航空研究開発機構(JAXA); 宇宙航空研究開発機構(JAXA); 株式会社IHI
Author Affiliation(eng)Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); IHI Corporation
Issue Date2015-03-27
PublisherJapan Aerospace Exploration Agency (JAXA)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
Publication titleJAXA Special Publication: Proceedings of the 6th Space Debris Workshop
宇宙航空研究開発機構特別資料: 第6回スペースデブリワークショップ講演資料集
VolumeJAXA-SP-14-013
Start page481
End page490
Publication date2015-03-27
Languageeng
jpn
AbstractHTV 5号機には宇宙環境観測装置KASPER(Kounotori Advanced SPace Environment Research equipment)が搭載される。KASPERではHTV電位・プラズマ電流計測とともに微小デブリセンサの軌道上実証を行なう。本センサは、JAXAで開発を進めてきたフィルム貫通型デブリ計測装置で、0.1-数mmサイズのデブリ検出を目的としている。これまでの微小デブリセンサと比較し、有感面積が大きい割に軽量コンパクト、また回収の必要がないアクティブセンサという特長がある。これまでミリ、サブミリサイズのデブリは、宇宙機への影響が懸念されながらもほとんど観測データのない領域であった。本センサはこのような微小デブリを直接観測する手段を提供し、広く観測を進めることで宇宙機に対する適切なリスク評価・防御設計に貢献することを目標にしている。本センサの特徴およびHTV-5における実証実験について報告する。
DescriptionMeeting Information: 6th Space Debris Workshop (December 17-19, 2014. Chofu Aerospace Center, Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA)(CAC)), Chofu, Tokyo, Japan
Physical characteristics: Original contains color illustrations
会議情報: 第6回スペースデブリワークショップ (2014年12月17-19日. 宇宙航空研究開発機構調布航空宇宙センター(JAXA)(CAC)), 調布市, 東京
形態: カラー図版あり
Document TypeConference Paper
JAXA Category特別資料
NASA Subject CategorySpace Transportation and Safety
ISSN1349-113X
NCIDAA11984031
SHI-NOAA1530025036
Report NoJAXA-SP-14-013
URIhttps://repository.exst.jaxa.jp/dspace/handle/a-is/547248


Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.